無鉄砲大将

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

緑丘高校空手部員の海津英次は街の愚連隊に対抗するため、友人の春男や雄作らと“白柄組”を作った。新界興業は快よく思わず、子分のトメやゲンを使って嫌がらせをした。英次は彼らの溜り場で喫茶店“ボンヌ”の雪代を慕っていた。雪代には新界興業の兄貴株五郎という恋人がいた。五郎はヤクザが嫌いで足を洗いたがったが、孤児の彼を育てあげたボスの新界は反対だった。英次の母秋江は新界の世話でバーを開いた。新界は秋江の後釜に雪代を狙った。雪代の父津山は元有名な外科医で、今はアル中になっていた。雪代は街中で同級生の京子に会った。彼女は堀本産業社長の一人娘で英次が好きだった。新界は秋江と別れ、邪魔者五郎を消せと殺し屋坂崎に命じた。京子は自分の車を売って、バー再建のための資金にと英次に渡した。英次は雪代に恋人がいるのを知り悩んだが、五郎の人間を知って彼に好感を持つようになった。坂崎は五郎と間違え刑事を殺し、自分も負傷した。新界は津山を軟禁し、坂崎の治療をさせた。五郎も新界らに捕まり、雪代も誘拐された。英次は立ち上った。空手部員をひきつれて、新界の事務所を襲った。卑怯な新界は雪代をタテに逃れようとしたが、かけつけた警官隊に逮捕された。−−五郎と雪代は再開した秋江のバーで働くことになった。英次と京子は笑顔で彼らをみまもった。


解説

一条明の原作を「でかんしょ風来坊」の松浦健郎と「竜巻小僧」の中西隆三が脚色、「東京騎士隊」の鈴木清順が監督したアクションもの。撮影は同じく「東京騎士隊」の永塚一栄。


配給日活
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年04月16日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
和田浩治海津英次
佐川ミツオ森野
清水まゆみ堀本京子
芦川いづみ津山雪代
葉山良二五郎
山岡久乃秋江
菅井一郎津山
松下達夫堀本
初井言栄絹子
糸賀靖雄春男
木下雅弘雄作
葵真木子弘子
富田仲次郎新界
江幡高志坂崎
上野山功一トメ
野呂圭介ゲン
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)平助
福原恵美子洋子
横田陽子トキ子
長弘警察署主任
河瀬正敏警察署刑事一
高品格スケート場の親爺
澄川透バタ屋一
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)バタ屋二
藤野宏アベックの男
柳田妙子アベックの女
萩志郎新界組の乾分一
山口吉弘新界組の乾分二
高橋明新界組の乾分三
里実新界組の乾分四
高緒弘志新界組の乾分五
岩手征四郎空手部員一
南城郷空手部員二
谷田部靖空手部員三
倉田栄三空手部員四
藤井昭雄空手部員五
大須賀更生グレン隊一
沢美鶴グレン隊二
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック