お役者変化捕物帖 血どくろ屋敷

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

“よろず指南、もめ事買います”の看板が人目を引く江戸のお洒落浪人霞一平の家に、遊び人の三五郎が、怪しい浪人者の一団に襲われたといって飛び込んで来た。早速、浪人者の後を半吉に追わせた一平は、彼らが勘定奉行坂崎豊後守の屋敷に入ったという報告をうけた。三五郎の妹お美代が金座の後藤金右衛門屋敷に奉公しており、或る日、彼女は突然失踪、その行方を三五郎にたださんものとして三五郎が襲われたのであった。三五郎はお美代から聞かされた後藤家の秘事を一平に語った。金右衛門には先妻に生ませた巳之助という子供があるが、後妻おえいに気兼ねして親らしい仕草が巳之助にしてやれないこと、後妻おえいは豊後守の娘であって占いに長じており、後藤家に子供が生まれると不幸が訪れるといって巳之助の籍を頑としていれない関白女房である、ということであった。巳之助が或る晩何者かに殺害されるに及んで、危険を感じたお美代が身を隠したのだった。お美代は花村座の菊之丞にかくまわれていた。一平と菊之丞は瓜二つで親友であった。金座をめぐる豊後守の不気味な動静を知った一平の活躍が始まった。刺客団の鉾先は一平に向けられたが、一平得意のお役者流刀踊りに刺客団も手がでなかった。菊之丞に思いを寄せるおえいは、坂崎家を笠に花村座へ押しかけた。そこでお美代を発見したおえいの一行は、お美代を通じて金座横領の陰謀を知られたと思い菊之丞を根岸の寮に拉致した。だが、菊之丞と一平がすり変っていた。根岸の寮では、一平得意の風流お役者狂言の舞台が開かれた。そして半吉の伝令で南町奉行が根岸の寮へ。南町奉行筆頭与力花井五郎左衛門が指揮する捕物陣が一平の剣踊りに声援した。


解説

高田浩吉のお役者変化捕物帖シリーズの第二作。陣出達朗の原作を、「霧丸霧がくれ」の結束信二が脚色し、「又四郎行状記 神変美女蝙蝠」の河野寿一が監督した。撮影は「大江戸喧嘩まつり」の鈴木重平。


配給ニュー東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年05月10日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
高田浩吉霞一平
高田浩吉花の家菊之丞
扇町景子お光
星十郎半吉
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)花井五郎左衛門
品川隆二三五郎
大川恵子お美代
北竜二 (Ryuji Kita)後藤金右衛門
千原しのぶえん
柳永二郎坂崎豊後守
原健策大倉采女
須賀不二男石堂重兵衛
那須伸太朗中西弥四郎
波多野博能美孫太夫
楠本健二門馬陣之助
小田部通麿山崎作兵衛
相原昇三郎石田隼人
川路允辰市
若水ヤエ子小奴
藤代佳子おこん
久我恵子お夏
条ちづるお冬
矢奈木邦二郎茂兵衛
若井緑郎菊助
明石潮与左衛門
水木淳子お近
富士薫お澄
富永佳代子お梅
上田寛大熊源五郎
茶川一郎勘助
赤木春恵お新
不二和子お松
鳳衣子お倉
浜恵子お兼
泉好太郎伝助
五里兵太郎旗本
山波啓太郎ちんぴら
王喜うた子娘A
笹みゆき娘B
谷水喜久子娘C
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック