あの波の果てまで 後篇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江沢千秋は、実母美奈子の計らいで、犬吠岬で佐竹竜一と変らぬ愛を誓い、父の庄造に結婚の許しをえようと志摩の生家へ帰省した。が、帰ってみると父の病いは重く、池尻勉が何かと家の面倒をみてくれていた。竜一のことを打明けかねた千秋は、一旦帰京して竜一に相談してみようと連絡した。だが、彼は自動車事故で重傷を負った影山蘭子に付添って病院へ行っているということだった。蘭子の負傷の原因は、竜一に愛情を拒否されて自暴自棄になった結果だという。千秋は、竜一のことを諦らめ、親のすすめる池尻の許へ嫁いでいこうと決心した。しかし、池尻との結婚生活が幸福であるわけがなかった。池尻はことごとに竜一のことを口に出して千秋に辛くあたった。干秋の父が借りた金の返済まで迫るようになった。千秋は北海道の母をたずね、その口ききで鵜川から金を借りた。その頃、竜一は姉昌子のいる九州の港町で漁業組合の事務員として働いていた。この港町の娘久美子が、竜一に好意を寄せていた。バーのマダム新子が、開店三周年の祝いをするからという口実を作って千秋をひっぱり出し、竜一に会わせた。千秋は崩れそうになる気持を理性でおさえた。その夜、志摩から父庄造危篤の報があった。千秋は駈けつけたが、庄造は死んだ。今後江沢真珠を存続させて行くには、どうしても池尻の援助が必要だった。しかし、池尻は耳を借そうとしなかった。自分の選んだ道が間違っていたことに気づいた千秋は、池尻の家を出て、竜一の許へ旅立っていった。九州での生活は、夢のように楽しかった。だが、池尻が失敗した事業のもつれから仲間の黒岩を刺傷するという事件が起ったために、それも長くは続かなかった。訪ねてきた弁護士の横田から証言してくれれば情状酌量のために力になるんだがと頼まれた。干秋は竜一に相談した。竜一は「あなたはまだ池尻さんの奥さんなのだから帰らなくてはいけない。僕たちは辛抱強く待ちましょう」と言った。干秋は倒れこむように竜一の胸に顔を埋めた。夕闇がそんな二人を、静かに包んでいくのだった。


解説

大林清の原作を、前作の富田義朗と八木美津雄が脚色し、監督も前作の八木美津雄が担当。撮影は「斑女」の平瀬静雄。


配給松竹
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年06月30日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
岩下志麻 (Iwashita Shima)江沢千秋
加藤嘉江沢庄造
沢村貞子江沢さと
高峰三枝子丹野美奈子
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)佐竹竜一
月丘千秋佐竹昌子
峯京子菅沼純子
北上弥太朗馬渡三六
須賀不二男稲見所長
瞳麗子影山蘭子
福田公子山崎市子
石浜朗池尻勉
水戸光子大坪新子
永田靖鵜川俊平
稲川善一河合
榊ひろみ香西久美子
島村俊雄香西伝蔵
笠智衆 (Ryu Chishu)横田弁護士
西村晃黒岩五郎
末永功大村武
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック