ちゃりんこ街道

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

土地の悪貸元鬼がわら弥曽吉の子分に襲われているお夏という女を三人の旅鴉が助けた。ところが、お夏はなぜ助けたと食ってかかった。彼女は、居酒屋「浜中」の一枚看板で二十両のカタに身売りして、弥曽吉にいいよられヤケになっている女だった。千太郎、百太郎、三公の三人は、弥曽吉の賭場で壷振りを買収し、二十両まきあげ、弥曽吉にお夏の身代金だといって叩きつけた。旅を続ける三人は、今度は代貸源五郎にさらわれようとしている百姓娘お菊を救った。彼女も借金のカタに酌婦されようとしていたのだ。百太郎は、身寄りのないお菊を叔父の家に届けた。千太郎の後を追ったお夏は、弥曽吉、源五郎らの親分業平の茂平の妾であるお滝の飲み屋に身を寄せていた。宮島神社の祭礼。千太郎は櫓の上で、得意の美声を聞かせていた。その千太郎を、弥曽吉の子分たちが見つけた。乱闘となった。旗色が悪くなった茂平は、お夏を前に連れ出した。用心棒の藤堂一角が「卑怯なまねはよせ、千太郎は俺が斬る」と言った。と、木蔭から短銃が火を吐いた。茂平、弥曽吉一味は倒れた。一角も死んだ。−−一夜明けて、別れを告げる千太郎の後を、お夏が追って行った。


解説

「赤い影の男/高速三号線を張れ」の小川正の脚本を、「さいころ奉行」の内出好吉が監督した股旅もの。「八荒流騎隊」の松井鴻が撮影した。


配給東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年06月06日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
高田浩吉明石の千太郎
伏見扇太郎百太郎
星十郎三公
青山京子お夏
青山京子お美代
花園ひろみお菊
源八郎吾平
山形勲鬼がわらの弥曽吉
赤木春恵おひろ
高松錦之助陣兵衛
阿部九洲男権三
伊沢一郎松助
大城泰次郎八
南方英二しょっ平
五里兵太郎留吉
原健策業平の茂平
千原しのぶお滝
八汐路佳子おかね
市川百々之助源五郎
汐路章 (Akira Shioji)勘次
川路允牛松
霧島八千代お米
春海洋子お峰
山本操子お花
弥生弘子お咲
伊東亮英徳兵衛
大浦和子お勝
牧淳子お君
中根真佐子お政
楠本健二強羅市之丞
小田部通麿高月大之進
月形哲之介金子甚内
加藤浩瀬越軍兵衛
鈴木金哉伊庭要蔵
富士薫おとめ
山口杏子おまつ
石丸勝也舟番の老爺
木島修次郎野田山の親分
都賀静子老婆お里
田中忠三郎小間物屋の主人
渡辺マリ唄い手
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)藤堂一角
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック