ふり袖小姓捕物帖 血文字肌

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

美濃屋のお篠が、淡島明神へ子ノ刻参りの帰途、行方不明となり、翌日、魂が抜けたような風態で家に戻ってきた。この話を聞いたふり袖小姓笛弦之介は、早速美濃屋に駈けこんだが、一家の者は皆殺されていた。とくにお篠は胸に「朱」一字の刺青を残して惨殺されていた。さらに、淡島明神の大師堂で、二人の娘が胸に「朱」の刺青をのぞかせて短刀で突き殺される事件が起った。弦之介は長屋の衆とともに、淡島明神にかくれ、子ノ刻参りの模様を見守った。鐘が子ノ刻を告げると、参拝をすませた一人の町娘を、四、五人の人影がさらった。弦之介は一行を追跡したが、一味の姿は消えてしまった。翌日、また娘が殺された。例のごとく胸に「朱」の刺青があり、短刀で一つきにされていた。弦之介は、江戸城内の書庫で、刀剣、種族に関する文献を調べた。秩父天領秘境に住む「朱紋一族」の項が目に入った。さらに弦之介は、長屋の衆の探索で次のような手がかりをつかんだ。第一に殺された娘の生国が、すべて信州、甲州、武州であること。第二に大人数の仕業で変った者の結社であるらしいこと。第三にこの結社が変った所に隠れていること。第四に誰の目にもふれていないこと。これらから賊の手口は分ったが、目的が分らない。実は朱紋一族は、甚兵衛を頭に十七年前神がくしに会った先代首領の娘をさがしに、江戸へ出ていたのだ。しかし、一味の中で秩父三卿を奪おうとする伝蔵らは、子年の娘を殺し、騒ぎを大きくして江戸を去ろうとしていた。しかも、伝蔵は甚兵衛の孫あぐりに邪恋を抱いていた。だが、あぐりは追ってきた弦之介の心に触れ、伝蔵を避けた。伝蔵らは甚兵衛、あぐりらの虐殺を企んだ。一瞬、弦之介が駈けこみ、野望をくじいた。やがて、朱紋一族は秩父一族と名をかえ平和郷へと帰っていった。


解説

「ふり袖小姓捕物帖 蛇姫囃子」につづくふり袖小姓捕物帖シリーズの第二作。スタッフはいずれも「ふり袖小姓捕物帖 蛇姫囃子」の顔ぶれ。


配給東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年07月02日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
沢村訥升笛弦之介
伏見扇太郎周次郎
三沢あけみお市
本郷秀雄将軍
明石潮秋元但島守
高松錦之助秩父の甚兵衛
中里阿津子あぐり
立原博長次
島田秀雄助七
霧島八千代お蘭
伊吹幾太郎権十
名古屋一茂平
大崎四郎平六
汐路章 (Akira Shioji)又三
大丸巌玄達
山本順大勘八
水野浩嘉兵衛
中村竜三郎小平
倉丘伸太朗浪江
大城泰弥市
坂東好太郎 (Kotaro Bando)伝蔵
津村礼司喜六
仁礼功太郎今朝吉
条ちづるお篠
水木淳子お絹
都賀静子お絹の母
中条宏美町娘
香住佐久良夫同心
金森あさのお杉
池田富保 (Tomiyasu Ikeda)おでん屋の親爺
玉喜うた子死んでいる娘
江崎真嵯子死んでいる娘
松本すみ江平六の女房
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック