皮ジャン・ブルース

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

腕っぷしの強い栄次と、あわて者の権は白タク稼業をやりながら、将来はドライブクラブ兼修理屋をやるという夢をもっていた。ある日、仕事を終えた二人はバー“赤い火”の帰途、自動車にはねられそうになった光和観光社長康村を助けた。彼の娘理恵は何者かに殺された。康村は理恵殺害は自分の財産を狙う養子武彦の犯行とにらみ、栄次と権に事件解決の協力を頼んだ。二人は康村誘拐の犯人になりすまし、武彦に身代金を要求する芝居をうった。武彦は案に相違して金を持って来た。康村の疑念は晴れない。彼は栄次と権は無事だという警察と弁護士宛の手紙を、栄次の恋人由紀に託して姿を消した。翌朝、康村は死体となって発見された。由紀は例の手紙をスリのジョーに奪われた。三人は事件追求にのりだした。武彦には美奈子という女がいた。二人が美奈子のアパートに行くと、血まみれの武彦が倒れていた。あわてて警察に報告し、部屋に戻ると、武彦の死体はあとかたもなかった。ジョーも何者かに殺され、二人の無事を証明するものはなくなった。遺産を相続する者は誰か、そいつこそ犯人なのだ。遺産相続書を調べると、康村には二号に生ませた礼子と、弟の山村がいた。礼子は平和な家庭生活に入っていたが、山村の行万は不明だった。ある日、二人のところに二百万円出すから事件から手を引けと電話がかかってきた。取引場所は日光。−−目的地に着いた二人の前に、拳銃を持った武彦と美奈子が現われた。武彦の死体は共犯の野崎だったのだ。理恵をはじめ山村まで一連の殺人事件の犯人は武彦だった。彼はその場で美奈子を殺害、次に二人に拳銃を向けた。が、二人の方が勝っていた。体当りをくらった武彦は地上にたたきつけられた。そこに由紀の報告で武装警官隊がかけつけ、武彦を捕えた。


解説

「飛ばせ特急便 魔の十八号線」の甲斐久尊の脚本を、「東京新撰組(1961)」の飯塚増一が監督したアクション・ドラマ。「魚河岸の女石松」の西川庄衛が撮影した。


配給ニュー東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年07月23日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)カードの栄次
今井俊二
相川昌子由紀
柳永二郎康村三平
中山昭二武彦
平原弘子理恵
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)松島刑事
河野秋武寺田弁護士
山本麟一野崎
荒川さつきふさ子
星美智子清子
岩崎加根子美奈子
小泉静夫港の若い男
富田仲次郎後藤
小野良室田
松岡葉子 (Yoko Matsuoka)麻雀やのおばさん
大泉滉アベックの男
槙阿由里アベックの女
左卜全和尚
伊藤敏孝小坊主
高橋京子 (Kyoko Takahashi)港のバアの女
矢島由紀子女社員
増田順司アパートの管理人
大木史朗新聞記者A
清見淳新聞記者B
沢彰謙パトロールの警官
多摩川邦子別荘の女中
藤山竜一散髪店の主人
潮健児抜き取りのジョー
佐藤晟也街角のチンピラA
須賀良街角のチンピラB
北山達也刑事A
関山耕司刑事B
不忍郷子世話人
杉義一男A
稲吉靖男B
八方ゆり女A
岡部正純牛乳屋
大東良ガスのメーター調べ
轟謙二人夫A
久地明人夫B
豊野弥八郎ホテルのボーイ
打越正八結婚式の客
太地喜和子 (Kiwako Taichi)礼子
池山浩史花婿
十朱三郎山村
山之内修自動車強盗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック