ママ恋人がほしいの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

馬淵スミ子は末ッ子で高校生。“息子”を略した“ムコ”がニックネームで、誰も本名を呼んでくれない。大学生の兄伸夫の学友古木も彼女にはタジタジである。ある日、公園で姉の直子のラブシーンを目撃したスミ子は“不潔だわ”とばかり大憤慨だが、そんなスミ子を姉も兄も子供扱いするので、ムコはフトンをかぶって泣いてしまう。翌朝、登校した彼女を待っていたのは、皆のあこがれの的、音楽の香月先生が恋愛結婚をするという話。「恋愛なんてフケツ!」という彼女も「正しい恋愛はお互を高めていくものじゃないかしら」という先生の言葉に考え込んだ。そんなとき、兄伸夫の恋人が胸の病を苦にして自殺し、それを悲しむ兄をみて、ムコはますます“恋”というものを考えるようになった。一方、伸夫を心配した友達の発案でキャンプをすることになり、古木やムコもメンバーに加わったが、ムコは湖畔で古木から「君が好きだ」とささやかれてビックリするが、それはちっともフケツではなかった。キャンプから帰って、ムコは変った。父母に結婚を反対されている姉を励まして、相手の青年のもとに走らせたのもムコだ。古木の父が亡くなり、彼は学校をやめて故郷へ帰ることになった。駅頭には伸夫たち友人が多勢送りにきた。汽車が動き出したとき、古木は突然、カン高い声を聞いた。「古木の兄ィガンバレ!」とムコがホームを走りながら手を力いっぱい振っていた。彼女の眼は涙で濡れていた。


解説

婦人生活懸賞当選第一席、西川澄子の『私』を原作に「女家族」の岡田達門が脚本を書き「ヨットとお転婆野郎」の堀池清が監督した女子高校生もの。撮影も「ヨットとお転婆野郎」の藤岡粂信。


配給日活
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年11月01日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
田代みどりムコ
宇野重吉 (Jukichi Uno)ムコの父
高野由美ムコの母
波多野憲ムコの兄
松本典子ムコの姉
高橋英樹 (Hideki Takahashi)古木
杉幸彦スーマト
木下雅弘
山本勝青すじ
古市真弓クリ
吉岡恵子朝子
臼木政子雪子
松尾嘉代園田よしの
内藤武敏若林周平
堀恭子山本先生(国語)
高田敏江香月先生(音楽)
原恵子下宿の小母さん
玉井謙介医者
神山勝体操の先生
高野誠二郎よしの父
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック