お兄哥さんとお姐さん

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

熊の沢の八五郎は玉村の仙右衛門の姉娘お仙に邪恋を抱きことあるごとにお仙を追い廻していた。仙右衛門は勝気のお仙を江戸へ落すことによって争いをさけようとした。それと知って八五郎は渡舟場でお仙を捕えようとしたが、突然現れた旅人三次郎に邪魔された。江戸は深川の木場に落ちついたお仙は故郷と旅人三次郎を思い出していた。その頃、三次郎は芸者お妻の密告で、八五郎の乾分権六に狙撃され仙右衛門に救われていた。おきぬや幸三の看病で傷いえた三次郎は、自分の代限りでやくざ稼業をやめるという、仙右衛門の人格にうたれ、一抹の不安を心に残しながら旅立った。それから一年、熊の沢の謀略で玉村一家は歯の抜けるような淋しさだった。その上、これを機会に一挙に縄張りを拡げようとする八五郎は、仙右衛門を闇討ちにしてしまった。おきぬからこのことを知ったお仙は、仇討ちのため故郷に旅だった。道中でお仙に逢った三次郎は、喧嘩でかたをつけるより、法で裁かせようとするが、剣術も柔道も男勝りというお仙は耳も傾けなかった。故郷に帰ったお仙は、僅かに残る一家、彦兵衛、幸三らを集め法事を済ませ次第熊の沢へ殴りこむと云い放った。三次郎は高崎の代官所に走り、八州取締役石井多七郎を説いて八五郎の悪業を法で裁くよう頼みこんだ。その頃、正法寺で年忌をつとめるお仙らの許に先手をうって熊の沢一家が殴り込みをかけて来た。小人数のお仙らが危うくなった時、三次郎がとびこんで来た。そして多七郎も捕方を連れて乗りこんで来た。お仙は三次郎の助けで八五郎を倒し親の仇を討つことができた。女姿に立返ったお仙から、三度笠を受けとって旅に出る三次郎、二人の眼と眼は無言のうちに何かを約していた。


解説

川口松太郎の原作を「銭形平次捕物控 夜のえんま帳」の辻久一が脚色し、監督は「旅はお色気」につづいて第二作目の黒田義之。撮影は「黒い三度笠」の本田平三。『今宵限りの三度笠』から改題。


配給大映
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年12月08日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)宮木根の三次郎
万里昌代お仙
小林勝彦幸三
田宮二郎 (Jiro Tamiya)石井多七郎
小桜純子おきぬ
志村喬玉村の仙右衛門
稲葉義男熊の沢の八五郎
千葉敏郎酒沢門之助
舟木洋一金助
毛利郁子お妻
近江輝子お滝
橘公子お辰
南部彰三川崎屋甚三
伊達三郎 (Saburo Date)巳之吉
原聖四郎彦兵ヱ
水原浩一和吉
荒木忍見山
葛木香一茂作
石原須磨男吉蔵
藤川準喜兵ヱ
堀北幸夫権六
越川一多助
沖時男源六
浜田雄史松吉
木村玄菊次
神田耕二馬方二
清水明馬方一
志賀明蜂蔵
井上武夫正次
大杉潤芳松
小南明友市
愛原光一峰吉
竹谷俊彦秀三
丸凡太三度笠の男
鶴賀二郎留吉
千石泰三為五郎
石島栄太郎馬方三
井手野憲治虎造
有村淳弥八
藤春保徳三郎
松岡良樹七兵ヱ
谷口和子宿の女中
種井信子お文
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック