街に気球があがる時

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

城北大生川本保夫は、青空広告会社というチッポケな会社にアルバイトの口をみつけた。そこには、やはりアルバイト学生の栗山と、この会社ではただ一人の女性丸根敦子がいた。アドバルーンをあげて見張るのが仕事なので、雨の日は仕方なく学校へ行く。ノートのブランクを気にしてい川本に、ノートを貸してくれたりいろいろ親切にふるまうのは、大学の女王で財閥の娘泉万里子である。これは男子学生の間では一大事件だ。しかし、川本は人員整理で会社をクビになり、教室でしょんぼりしていると、あの丸根敦子が現れたのでビックリした。彼女も城北大生だったのだ。敦子は彼を励まし、得意の弁舌をふるって川本を広告会社に復社させてくれた。華やかで美しい泉万里子、気性のはげしいアルバイト学生丸根敦子−−二人の好意に迷う川本だが、結局敦子に自分の問題を見出すのだった。ある日、川本と敦子がちょっとアドバルーンのそばを離れている間に、気球が爆発、子供が大ケガをした。敦子は直ちに輸血を申し出た。二人の真剣な看護で、子供は恢復した。元気な子供と童謡をうたっている敦子をみて、川本は幸福だった。そして、「こんどは私たちの歌をうたいましょう」という敦子と声を合わせて、川本はうたうのだった。「若者よ、体をきたえておけ……」と……。


解説

有吉佐和子原作『青空の歌』より「ママ恋人がほしいの」の岡田達門が脚色。「セールスマン物語 男にゃ男の夢がある」の井田探が監督した青春ドラマ。撮影も同じコンビの山崎安一郎。


配給日活
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年11月12日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)川本保夫
吉行和子 (Kazuko Yoshiyuki)丸根敦子
武内悦子泉万里子
杉幸彦杉本
伊藤孝雄栗山
佐野浅夫尾形専務
河野弘柴田営業課長
神戸瓢介津山人事課長
阪井幸一朗下村計画課長
由利徹ビルの管理人
杉狂児家具屋の主人
森川信菓子屋の主人
玉村駿太郎魚屋
河上信夫老人
松丘清司警官A
久遠利三警官B
下條正巳大学教授
宮崎準大学助教授
下元勉大学講師
井田武安田
福田文子良家の女中
若原初子下宿の小母さん
江木俊夫ヨッちゃん
横田陽子ヨッちゃんの母親
波多野好一子供A
堺美紀子子供連れの夫人
宮川敏彦甲田
玉井謙介デパートの保安要員
家根谷美代子デパートの店員
西田喜江万里子の取巻学生
小幡真樹子万里子の取巻学生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック