若き日の次郎長 東海道のつむじ風

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

甲府宿に落ちついた次郎長は、片目の不思議な人足、権に賭場で挑まれた。敗れた権は、次郎長に首を渡すと言い張ったが、次郎長は笑って別れた。甲府に、石松、仁吉、玉吉、長吉などがやって来た。次郎長はお蝶、大政らを津向の文吉親分の家へ行かせた。そんなところへ、権が猿屋の勘助の家にしょっぴかれたと人足が飛びこんで来た。病人まで働かせようとする三馬政に、手むかった権は、三馬政の親分勘助の家に連れこまれたのだ。次郎長は、鬼吉、石松を連れて勘助の家にのりこみ、権をとり戻した。そして、次郎長も子分の後を追って津向の文吉の家に行った。文吉親分の賭場では、お甲という女客が一人で勝ちまくっていた。そこへ、権から次郎長に至急甲府へ来てほしいと連絡が来た。権の人足仲間薩州が叩き殺されたというのだ。次郎長来るのしらせに、二足草鞋の勘助は、甲府勤番支配平垣三郎兵衛を抱きこみ、次郎長を召捕らせた。権と仲間の人足も一緒に捕えられた。留守を預る大政は、子分一統を引連れて甲府にのりこんだ。勘助と三郎兵衛は、次郎長達を祭りのイケニエにすることにした。大政らは策を練り、石松をわざと牢に入れ次郎長に連絡させた。祭りの当日、次郎長達は、牛車にのせられて町なかに引っぱりだされた。そこへ、大政らが斬りこんで来た。その最中、権はお甲をみてびっくりした。お甲は権の昔の恋人だったのだ。次郎長は勘助を斬り倒した。そこへ、平垣の隊が「御用」とばかり押寄せてきたが、「やくざ同志のデイリ」と次郎長はつっぱねた。しかし、平垣はどうしても次郎長召捕りにかかった。だが、町の人々が次郎長に応援するので平垣はしかたなく引上げて行った。大喜びの群衆と、新しく人足頭になった権と、お甲の睦じい姿を背に、次郎長一家は甲府宿を背にした。


解説

次郎長シリーズの第三話。スタッフは前作「東海一の若親分」と同じ。


配給東映
制作国日本 (1962)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1962年01月03日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)清水の次郎長
水島道太郎大政
ジェリー藤尾森の石松
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)関東綱五郎
田中春男法印大五郎
加賀邦男桶屋鬼吉
大村文武吉良仁吉
河原崎長一郎玉屋玉吉
神木真寿雄神戸長吉
千秋実片輪の権
丘さとみお蝶
北沢典子お竹
星美智子お甲
渡辺トモコおもと
香川良介津向の文吉
松浦築枝おとよ
堀正夫徳太郎
北竜二 (Ryuji Kita)黒田屋喜左衛門
水野浩甲州屋弥左衛門
片岡半蔵万屋
杉狂児喜市
尾上華丈 (Kajyo Onoe)忠助
阿部九洲男雲州
中村時之介加州
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)美州
本郷秀雄薩洲
和崎隆太郎追分三五郎
小山田良樹大野鶴吉
波多野博三増川村仙右衛門
中村錦司三保の豚松
大前均お相撲常
山形勲猿屋勘助
沢村宗之助三馬政蔵
尾形伸之介裕天仙之助
近江雄二郎川崎馬定
遠山金次郎荒川新太
柳永二郎平垣三郎兵衛
熊谷武「有らく」の主人
源八郎商人A
伊吹幾太郎近所の早耳
浜田伸一宿場人足A
小森敏宿場人足B
汐路章 (Akira Shioji)宿場人足C
南方英二勘助の子分A
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック