赤い影法師

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

関ケ原の合戦に石田三成が敗れて十五年、豊臣秀頼との決戦避けがたしと知った徳川家康は伏見城に入った。その夜、警護の伊賀三十六人衆の筆頭服部半蔵は、木曽谷の女忍者を捕え、これを犯した。時は流れて家光の世、江戸の盛り場に母子の手品師が現れた。母はまぎれもなくあの時の女忍者である。母子は三成の娘母影と孫の若影で、仇討の機をうかがっているのだ。旗本水野十郎左衛門の屋敷で、若影は家光が御前試合を開くことを知った。その勝者には太閤倉から奪った無銘剣十振が与えられるという。御前試合の勝者は同じ賊に襲われ、切尖をもぎとられた。柳生十兵衛までが不発を喫した。こうした事態に指南役柳生宗矩、小野次郎右衛門は非常体制を敷いた。春日局が推挙する巴流薙刀の遠藤由利が無銘剣を受けたとき、彼女の身辺に配置されたのが服部半蔵であった。果たせるかな、闇の中から賊が現われた。ひそんでいた半蔵と激闘数合の後、賊は奪った剣を残して逃げ去った。「あれほど母に似ていようとは……」と、半蔵は茫然と呟いた。若影にとっては初めての失敗であった。この夜、若影は母から、十振の剣の一本に三成が軍資金の隠し場所を記していることを聞かされた。その後、菅沼新八郎の屋敷を襲った夜、若影は半蔵と母の会話で自分の父が誰かを知った。由利の持つ剣こそ目当ての品であった。母子は伊賀流忍者を蹴散らして、由利の剣を手に入れた。将軍家恒例の鷹狩りの日、若影は母と由利を連れて、家光の命を狙った。若影の放った火が枯野に拡がる中で、若影と半蔵が対決した。石田、徳川の意地をかけた戦いに双方血まみれとなった。「それまで!」と叫んだのは、柳生十兵衛。互にとどめを刺せない父と子の心持を知って、十兵衛はとめに入ったのだ。そして、父子は静かに剣をひいた……。


解説

週刊文春に連載された柴田錬三郎の同名小説を、「八荒流騎隊」の比佐芳武が脚色。「若君と次男坊」の小沢茂弘が監督した忍法もの。撮影は「右門捕物帖 まぼろし燈篭の女」の吉田貞次。


配給東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1961年12月24日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
大川橋蔵若影
木暮実千代 (Michiyo Kogure)母影
近衛十四郎服部半蔵
平幹二朗 (Mikijiro Hira)水野十郎左衛門
大川恵子遠藤由利
花柳小菊春日局
池田富保 (Tomiyasu Ikeda)徳川家康
河村満和山川九郎右衛門
楠本健二坂田三十郎
加藤浩近藤登之助
香川良介大国屋治兵衛
有馬宏治森田屋清右衛門
沢村宗之助百助
時田一男月村左内
黒川弥太郎小野次郎右衛門忠常
玉喜うた子おたか
西崎みち子おみよ
国一太郎福原伝之助
品川隆二妻片久太郎
大河内傳次郎柳生宗矩
沢村訥升徳川家光
戸上城太郎浅山内蔵助
南郷京之助榊原兵馬
神木真寿雄和田久之進
堀正夫奥山新兵衛
京町かおるお倉
高橋漣千代
吉田義夫森田五兵衛
水野浩戸沢正種
原健策樋口十郎兵衛
大友柳太朗柳生十兵衛
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)柳生新太郎
三笠のり子弥生
富永佳代子早苗
矢奈木邦二郎宇野三太夫
明智八百栄萩江
山田光子おとく
東野英治郎 (Eijiro Tono)鴨甚三郎
山城新伍菅沼新八郎
小田部通麿石塚伴作
津村礼司太刀川三九郎
鈴木金哉赤石壇右衛門
大丸巌羽黒山自然坊
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック