霧の港の赤い花

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

神戸へ麻薬の取り引きに出かけた帰りの列車で、ハマのヤクザ沢田浩は戸川礼子のボストンバッグを網棚から取ってやった。海外から帰る大学教授の夫を出迎えに横浜へきた礼子は、汽船の入港が遅れたため、キャバレーを開く文江の家に泊めて貰った。夜、そのキャバレーで礼子が紹介されたのは奇縁にも浩だった。うるさくつきまとう歌手の朱実に厭気がさしていた浩と礼子の間に、恋の花が咲いた。その頃、ハマではヤクザ同士の縄張り争いが激烈をきわめていた。大親父とよばれる松前は最近勢力を増してきた岩瀬組を叩こうと、刑務所から出たばかりの立花組の尻押しをしている。松前としては、岩瀬組と立花組を正面衝突させ、その共倒れを狙っているのだ。いち早くそれを感づいた岩瀬は、ひそかに一の子分浩に松前を消せと命じた。一方、夫と浩との愛情の板挟みとなって悩む礼子は、一度は神戸に帰ろうと決心したものの、再び横浜に引返して浩の胸に飛びこんだ。岩瀬は松前から浩を刺せといわれた。松前にとって、目ざわりな浩なのである。岩瀬はヤクザに憧れるチンピラ三郎に、浩は松前にも取り入り、岩瀬と二股かけているとたきつけた。日頃、浩を尊敬していた三郎はまんまと岩瀬の口車にのせられ、浩を殺すと誓った。地鎮祭の日、松前を狙う浩は、岩瀬の兇弾に倒れた。「畜生、大親父とおれの生命を取り引きしゃがって!」と、苦しい息の下からうめく浩の言葉に、三郎は愕然となった。浩の本心を知った三郎は、狂ったように拳銃を射ち放って岩瀬を倒した。岸壁に一つの影がぽつんと立っていた。浩と香港へ逃れようと約束した礼子である。だが、浩は来ない。浩が予約しておいた陳の船は、すでに岸壁を離れた。入れちがいに礼子の夫を乗せたサントス丸が汽笛をひびかせながら、入港して来た。夕闇が放心したような礼子の顔をしだいにおおっていった。


解説

「宇宙快速船」の森田信のオリジナル・シナリオを、「警視庁物語 十二人の刑事」の村山新治が監督したアクションもの。撮影は「白昼の無頼漢」の星島一郎。


配給東映
制作国日本 (1962)
ジャンル 

1962年02月21日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)沢田浩
香川京子 (Kagawa Kyoko)戸川礼子
岸田今日子 (Kyoko Kishida)笹原文江
沢彰謙岩瀬大作
春日俊二野宮
高田博
久保一古川
水木襄西園寺三郎
山本礼三郎松前剛
関山耕司橋本
植村謙二郎黒川
久地明村木
滝島孝二小池
小泉静夫矢野
林宏太田
潮健児広瀬
九十九茂世杉原
新井茂子テル子
小宮光江朱実
梶すみ子利恵
浜田虎彦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック