愛のうず潮

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

綾子は女学校を出てすぐ毛利武彦と結婚した。それから五年、子供もなく東京郊外の団地アパートに二人は生活していた。夫の武彦は日の丸物産の営業課長に出世していたが、ニューヨーク支店長の椅子を狙って専務秘書の浅見夏江と関係をもっていた。夏江は社長の姪である。綾子はその淋しさをローケツ染めに気をまぎらわせていた。或る日、綾子は、ローケツ染の先生のアトリエに、グラビアを撮りに来た写真家の香川英二と知り合った。香川は綾子の孤独な影と、その美しさに強くひかれた。香川は綾子に写真のモデルを頼みこんだ。綾子は夫の許しを得て承諾した。和服に着かえた綾子は見違えるほど美しかった。香川は厳しい表情で写真を撮った。武彦は専務と一緒に名古屋へ出張すると偽って、夏江と熱海へ旅行した。その留守中、香川と綾子はよく逢った。綾子の心に香川の姿が大きく入りこんできた。それから数日後、ニューヨーク支店長に武彦が決った。しかし、会社では武彦と夏江の関係が噂になっていた。課長の三島が熱海で二人の道行を見たのである。三島と香川は大学の友人である。綾子はそれを知って愕然とした。しかし、綾子は逆に香川とのことを罵倒された。悲しみの綾子は、女学校時代の友人、京都のみどりの旅館に逃げた。そのあと、武彦は自動車事故で重傷を負った。そんなことを知らない綾子は、京都で偶然香川と逢った。香川は綾子に愛情をうちあけた、綾子は人妻として悩んだ。香川はそんな綾子を優しくいたわった。思い悩んだ綾子は香川を残して旅館を立った。空はどんより曇っていた。綾子はどこゆくあてもなく歩きつづけるのだった。


解説

梶山季之原作・テレビの連続放送劇「愛のうず潮」から堀江史朗が脚色、「喜劇 駅前弁当」の久松静児が監督したメロドラマ。撮影は「アワモリ君西へ行く」の飯村正。


配給東宝
制作国日本 (1962)
ジャンル 

1962年05月22日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
新珠三千代 (Aratama Michiyo)毛利綾子
平田昭彦毛利武彦
三橋達也香川英二
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)浅見夏江
若林映子 (Akiko Wakabayashi)毛利幸子
船戸順的野均
上原謙岩崎清一郎
中村伸郎相川専務
児玉清 (Kiyoshi Kodama)武彦の同僚A
加藤春哉武彦の同僚B
坂本晴哉武彦の同僚C
佐原健二 (Kenji Sahara)三島
岩崎加根子佐伯敏子
塩沢とき夫人A
北川町子 (Machiko Kitagawa)夫人B
宮田芳子夫人C
森今日子夫人D
飛鳥みさ子夫人E
江島和子夫人F
藤森和子夫人G
遠藤辰雄良夫(綾子の兄)
音羽久米子君子(良夫の妻)
樋口年子式沢悦子
近藤征矢岩崎家の女中
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)野上弘
横山道代 (Michiyo Yokoyama)野上よし子
園佳也子みどり
松尾和子歌手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック