紅の空

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

片桐航空のパイロツト西江哲郎と木賊大助は無二の親友だ。哲郎は子供を救うためセスナ機を草むらに突っこみ飛行禁止の身になり、片桐社長は病に倒れ、今や片桐航空は大助の双肩にかかつていた。ある日、スカイラーク開発の鴨田と情婦マリが、イナンバ島までトランクを運んでくれと頼みにきた。大助は恋人の栄子に送られてイナンバ島へとびたった。その帰路大助は竜と呼ばれる不気味な男を乗せた。その翌日、再び鴨田が現われ一人の男をイナンバ島まで運んでくれと頼みこんできた。哲郎はことわったが榎本がとぶことになった。数時間後榎本のセスナ機は残骸となって発見された。その頃、那須謙太郎という男がスカイラーク開発事務所に現われ、用心棒に雇えと売りこんでいた。すげなく断る鴨田の前に謙太郎は外国のニセ札と竜の写真を投げだした。その時、竜が交通違反であげられたという報告が入った。竜は不法入国者で、麻薬がきれれば何を喋るかわからない。今や外国のニセ札作りの一味として正体を現わした鴨田たちは、国外逃亡という手段に出た。何も知らず、大助のセスナ機は鴨田、マリ、それに謙太郎をのせて飛びたった。セスナに乗りこむ瞬間、栄子は謙太郎から紙きれを渡された。紙きれには「警察へ、ニセ札犯人外国逃亡」とあった。その頃、榎本の死体が発見され、死因が航空遭難でなく、拳銃によるものと確認された。報告をうけた哲郎と栄子の背に、そして機上の大助の脇腹に拳銃が光っていた。


解説

「ガンパー課長」の関沢新一のオリジナルを「紅の海」の谷口千吉が監督したアクションもの。撮影は「暗黒街撃滅命令」の内海正治。パースペクタ立体音響。


配給東宝
制作国日本 (1962)
ジャンル 

1962年03月21日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
航空撮影
美術
音楽
録音
整音
照明
編集
製作担当者
チーフ助監督
助監督
スチール
特技撮影
特技美術
特技照明
特技製作担当者
合成

キャスト

俳優名役名
加山雄三 (Yuzo Kayama)那須謙太郎
佐藤允 (Makoto Sato)木賊大助
夏木陽介 (Yosuke Natsuki)西江哲郎
若林映子 (Akiko Wakabayashi)片桐栄子
藤山陽子 (Yoko Fujiyama)教会の娘
水野久美マリ
志村喬片桐周治
松村達雄榎本勝雄
中丸忠雄鴨田専務
田中邦衛 (Kunie Tanaka)左キキの男
天本英世竜と呼ぶ男
沢村いき雄金岡
土屋嘉男小松田刑事
大木正司飯塚
飯田蝶子家政婦
田島義文警視庁係長
中山豊整備員
岩本弘司イナンバ島の男A
高木弘イナンバ島の男B
小川安三イナンバ島の男C
小串丈夫敏坊
佐田豊病院の医師
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)神父
池田生二医者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック