民謡の旅桜島 おてもやん

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

白百合観光の女社長花園ゆめみは、極東観光の大黒社長から“鹿児島の旅館薩摩荘が、契約を極東に切替えた”からそのつもりでと聞かされて、調査のため鹿児島に向った。女中志顔を装って薩摩荘を訪れたゆめみは、週刊タイムリーの記者立神修平と、時を同じくして薩摩荘に住むことになった。薩摩荘の娘咲子から、今の若主人信太郎は、亡き姉光子が東京に遺した恋人だが、自分も信太郎に想いを寄せていると聞いたゆめみは、彼が唄が好きなのにことよせて近づき、咲子との結婚をすすめた。一方、修平は、信太郎がもと新潟の場末を流していた艶歌師で、薩摩荘を乗っとろうとしているという情報を掴んで密かに探索を進めていた。しかし彼が来てからの薩摩荘の経営は面目一新の感があり、旅館業組合の理事就任を望む声も高くなっているのが不思議だった。おはら祭が近づいた頃、薩摩荘を訪れた大黒は、離れに信太郎を伴って、死んだ光子の恋人はこの俺だと写真をみせつけるのだった。押入にひそんでいたゆめみと、風呂番健太の機転で、大黒こそ光子を捨てた男であることが判明し、事件は落着した。一人になりたいと考えた信太郎は薩摩荘を後にした。熊本の水前寺公園で信太郎を見たという知らせをきいて、ゆめみたちはさらに灯籠祭に賑わう山鹿温泉へ向った。薩摩荘の特集記事に失敗した修平も山鹿に来ていた。群衆の中で信太郎を囲んで四人は無事を喜び合った。そして信太郎は薩摩荘の養子に、修平は白百合観光の養子として、ゆめみと結ばれることになった。おはら祭の中を進む花電車の上に、唄うゆめみと信太郎、そして咲子、修平の姿が見られた。やがて唄声が市民の大合唱となって桜島にこだましていった。


解説

ひばりの“民謡シリーズ”の第三弾。「べらんめえ芸者と大阪娘」のコンビ、須崎勝弥と渡辺邦男が共同で脚色、監督した歌謡メロドラマ、撮影もコンビの渡辺孝。


配給東映
制作国日本 (1962)
ジャンル 

1962年05月01日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)花園ゆめみ
高倉健 (Ken Takakura)立神修平
三橋美智也島田信太郎
中里阿津子島田咲子
風見章子島田しげ乃
小野透健太
星美智子おちか
月村圭子おきよ
滝千江子おしげ
太地喜和子 (Kiwako Taichi)おたね
須藤健大黒
桜京美春子
愛川かおる夏子
桜井悦子秋子
菅沼正矢島
岡本四郎田中
河合絃司山村
水谷美津子女中A
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック