若者に夢あり

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭夫は小沼物産の社長小沼重太郎の次男であるが、父の過去の女である料亭“菊村”の女中高木芳子との間に生れた子供だった。重太郎は余り家庭をかえりみず、昭夫と同じ年頃の平井雅子という女を可愛がっていたし、兄の敏彦は父の威光で総務部次長におさまり、嫁の由美子を女中同様に扱い、弟の弥寿彦はカリエスで寝たっきり、母の陽子は嫉妬に明け暮れてるといった複雑な家庭であった。そんなためか、昭夫は冷めたい青年に成長していた。或る日、重太郎が川奈で雅子とゴルフに興じていた時、突然昭夫が現われた。驚く父に、雅子のことを母に内証するからといって三百万円をださせた。そんな昭夫に雅子は強く惹かれた。数日後、雅子は昭夫を競馬に誘った。昭夫はつき合いの料金をガッチリ取ると雅子のお伴で競馬場へ行った。だが、馬券も買わず、雅子の隙をみて多摩川べりに散歩に出た。昭夫は、そこで絵を描いていた氏家美津子と知り合った。数日後、昭夫は美津子の家を訪ねた。祖母と二人きりの生活であったが、暖かい家庭に昭夫はすっかりひかれてしまった。一方重太郎は雅子から昭夫を愛してしまったと言われて呆然となった。翌日、小沼家には気まずい空気が流れていた。陽子が重太郎の秘密を知り、重太郎が雅子の気持を知って昭夫にあたり散らしていた。そんな頃、雅子が車にハネられた。目撃者から兄の敏彦が警察にひっぱられた。由美子は敏彦が心をいれかえたら戻って来ると小沼家を出て行った。昭夫は小沼家全体が狂っている、皆正常にもどるようにと父や母に訴えた。涙ながらにいう昭夫に、弥寿彦も応援した。重太郎も陽子も自分達の生きかたが、間違っていたと初めて気がつくのだった。


解説

西沢裕子のオリジナルシナリオを「夢がいっぱい暴れん坊」の松尾昭典が監督した青春ドラマ。撮影もコンビの萩原泉。


配給日活
制作国日本 (1962)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1962年05月27日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
高橋英樹 (Hideki Takahashi)小沼昭夫
三島雅夫小沼重太郎
小高雄二小沼敏彦
山内賢 (Ken Yamauchi)小沼弥寿彦
和泉雅子氏家美津子
村瀬幸子氏家まさ
中原早苗平井雅子
荒木道子高木芳子
近藤宏佐吉
山岡久乃隆子
市村博駒井
中尾彬 (Akira Nakao)岡山
木下雅弘栗本
和田悦子尚子
鏑木はるな女秘書
長弘運転手林
紀原土耕運転手横田
金井克予 女中すみ子
若宮忠三郎経師屋の岩田
原恵子バーのマダム
石丘伸吾バーテン
久遠利三社員
宮原徳平巡査
田中筆子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック