車掌物語 旅は道づれ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

牧田一夫君は国鉄の乗客専務車掌である。まだ若い彼にとって、列車内の出来事は人生の縮図に見えて面白い。ある朝、荷物をひとつ運んでくれと頼まれた。荷物というのは、首に行先を書いた札をぶら下げて風呂敷包みを抱えた男の子、進くんであった。どうにか車掌室に落ちつかせたのもつかのま、発車まぎわにお婆さんがかけつけた。せきたてる牧田君をぐっと睨んだお婆さん「年寄りじゃ、汽車を待たせておけばいいに」と大威張り。ようやく発車させた牧田君は進のおしゃべりをしばらく聞いてやる。母親は以前亡くなり東京で父親と暮していたが、こんど田舎の祖父母にひきとられることになったのだという。「おばあちゃんたち、ボクのことがわかるかなあ」心細そうな進に牧田君は大いに同情してしまった。車掌は忙しい。牧田君は検札に出かける。一等車の前で牧田君は、切符を持たない女性をみつけた。夫が出張だといって出かけたが、どうも浮気くさいのであとをつけてきたのだという。夫の行先が分らないから切符は買えない、と平然たる彼女に牧田君は眼を白黒。ところが一等車では大変な騒ぎがもち上っていた。さきほどから蒼い顔をしていた女がお産をしたのだ。ところがあいにく医者は一人もいない。おろおろしている牧田君のところへ顔をつき出したのは大威張りのお婆さん。「あたしにまかせなさい」というわけで、牧田君を指図して、無事赤ちゃんが生れた。乗客は皆手を叩いて大よろこび。「なんてツイてない日だろ」とぼやく牧田君だったが、プラットホームにすべりこんだ列車に駅長たちがのりこんで、肩を抱いて喜んでくれたときにはさすがにうれしさがこみ上げてきた。牧田君の気転で助けられた浮気紳士は、通路にいた細君をうまくごまかすことが出来た。進くんものぼりを立てて迎えにきていた祖父母の手に渡された。こうして牧田君は三つの功徳をしたのだが……。


解説

NHK名古屋中央放送局連続ラジオ・ドラマで、牧野不二夫、岸宏子、鈴木新吾、山田万亀、原作を「猫が変じて虎になる」の中川一が脚色、「英語に弱い男 東は東西は西」の春原政久が監督した喜劇。撮影もコンビの山崎安一郎。


配給日活
制作国日本 (1962)
ジャンル 

1962年10月19日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)牧田一夫
藤村有弘 (Arihiro Fujimura)山口啓一
新井麗子山口澄子
清水まゆみ山口利子
久里千春花村ゆかり
金子吉延吉川進
宮崎準吉川浩一
鈴木三右衛門吉川吾平
鈴木俊子吉川ツネ
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)新井
武智豊子 (Toyoko Takeche)川本ヨシ
小泉郁之助梅次
福田トヨチエ
山本正明
水森久美子玉枝
久松洪介区長
小野武雄当番助役
河上信夫助役
小沢直好駅員
南利明谷順平
谷幹一大学生
茂手木かすみ佐伯典子
水木京一木村
玉井謙介男A
井田武男B
光沢でんすけ男C
三船好重
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック