陽気な殿様

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

男振りもよく腕前も抜群でそのうえ下世話にも通じた若様、榊原隼之介は大工の八五郎や鳶職の三次を友に自由な生活を楽しんでいた。年頃の隼之介は家督相続のため姫路へ旅することになったが、大仰なお供について来られては面白くないというので、八五郎と三次の三人だけで先行することにした。道中面白おかしく、やがて浜松に入った隼之介らは、浜松藩の家老斎藤勘解由と知り合い、威勢のいいところを見込まれて、埋蔵金のありかを示す絵図面を肌に彫込んだ八重という腰元を預けられた。夜道をかけた一行はあっという間に刺客に襲われ、八重は撃たれた。八五郎と三次は八重を背負って有馬の温泉へ先行し、傷養生をしているうちに隼之介とおち合うことにした。旅を続ける隼之介は乳きょうだいのゆきに出会った。ゆきは夫の仇討ちを狙っていたが、犯人の角右衛門は明石藩にかくまわれているという。一計を案じた隼之介は明石藩の息女弥々姫の行列を襲い、彼女を人質として角右衛門の引渡しを迫った。弥々姫は心に染まぬ松平七郎との見合いに行かされるところだったのでこの事件をかえって面白がり、隼之介とはすっかり意気投合したようす。一方、有馬では八重の傷も治り、しかも八五郎と八重は甘い言葉を交すところまで発展、隼之介を驚かせた。予定通り交換は行われた。長七郎に会った隼之介は一件を詫びると共に、八重の善処方を依頼、最後に角右衛門と対決して見事倒した。後日、長七郎に会った隼之介は「弥々姫は貴殿の方が好きだと言いおった。わしは外にいいのを探すよ」といわれた。二つのおしどり駕篭が華やかな行列とともに江戸へ向ったのは間もないことだった。


解説

週刊文春連載・五味康祐原作を「江戸へ百七十里」の笠原良三が脚色、「続・座頭市物語」の森一生が監督した喜劇調様代劇。撮影は「江戸へ百七十里」の今井ひろし。


配給大映
制作国日本 (1962)
ジャンル 

1962年12月15日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)榊原隼之介
坪内ミキ子弥々姫
高田美和八重
宇津井健 (Ken Utsui)松平長七郎
小林勝彦八五郎
天知茂挙手田多門
藤原礼子ゆき
真城千都世お光
佐々十郎三次
菅井一郎田口半兵ヱ
千葉敏郎伴角右ヱ門
若杉曜子遊女1
美吉かほる富幾姫
尾上栄五郎山中新左ヱ門
南部彰三榊原忠次
荒木忍呑水和尚
原聖四郎斎藤勘解由
玉置一恵池田光政
沖時男若侍1
岩田正本陣Aの主人
三上哲番頭
大林一夫供侍A
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック