にっぽん実話時代

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

返本の山と積まれた経済マガジン社、社長の黒岩はついに「今日から儲かる大衆雑誌を作るんだ」と宣言した。社名も実話時代社と変り、どこから来たのか得体の知れない編集長伊達が入って来た。動揺する編集員の前に札束を見せて伊達はどなった。煙が立ってなかったら火をつけて記事を作れ、世間の汚なさをほじくり出して儲けるんだ、と。雑誌実話時代の創刊号は売りに売れた。社風は一変し、皆の身なりも紳士然となった。しかし、ゴミ箱をあさる野良犬のようなペンギャングと変りネタを漁る彼等だった。ソープランドの娘を買収し会話をテープで盗み取りしてソノシートにして発売したり、女優衣笠の情事をデッチ上げて彼女を自殺未遂に追いつめたり。トップ屋が運んで来た中に開運銀行の頭取の情事が入ったテープがあった。相手はナイトクラブの女社長と判り、早速伊達は寝室の取引と題してソノシートを発行することにした。その寸前発行誌全部を買いますと三百万が届けられ、勿論収めた。夜の料亭の玄関で、伊達は記事の出所を問われて開運銀行をクビになったという杉本に喰ってかかられた。そして意外な話を聞いた。頭取の命令で海野コンツェルンに不正融資をしているというのだ。十人足らずの雑誌記者で大コンツェルンの屋台骨を食い荒らす、この痛快な仕事に皆は飛び込んだ。しかし思わぬ事に黒岩社長が反対するのである。それは実話時代社の資本が海野から出ているというのだ。その時、伊達は初めて打明けた。彼は極東新聞に居た頃財界の大きなネタをつかまえたが、圧力がかかって記事は没にされ責任を問われて馘。誰が何と言おうと手は引かない。野良犬同様の編集員達にも生気が溢れて、社長の全員馘だの声も聞かずに皆立ち上った。海野コンツェルンの腐った肉をつつき野良犬は野良犬のバイタリティがあるのだと真実の特ダネを求めに歩き出した。


解説

「月給泥棒」の松木ひろしが脚本を執筆、「暗黒街の牙」の福田純が監督した記者もの。撮影は「やま猫作戦」の小泉福造。


配給東宝
制作国日本 (1963)
ジャンル 

1963年02月16日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
高島忠夫 (Tadao Takashima)伊達康介
藤木悠岩淵正順
田中邦衛 (Kunie Tanaka)片桐鶴夫
ミッキー・カーチス柏谷秀彦
安川実野田豊
当銀長太郎森一郎
有島一郎綿貫良三
南弘子中山リエ子
池内淳子 (Ikeuchi Junko)須永雪枝
浜美枝 (Mie Hama)二宮英子
中真千子衣笠礼子
若林映子 (Akiko Wakabayashi)勝山千恵
中島そのみ純子
平田昭彦黒岩善造
田崎潤 (Jun Tazaki)伊吹彦八
松村達雄核本
浦島千歌子倉本あき
織田政雄秋山
千石規子 (Noriko Sengoku)秋山の妻政子
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)二宮義之
東郷晴子礼子の母みよ
中北千枝子サクラクラブ会長
土屋嘉男トップ屋大塚
清水元野球監督
藤野たまみまゆみ
田武謙三トルコ風呂の客
清水由記キャバレー女給A
芝木優子キャバレー女給B
田辺和佳子キャバレー女給C
久野征四郎助監督
荒木保夫撮影所員
大村千吉旅行客A
広瀬正一旅行客B
小川安三サクラクラブ事務員
宇野晃司バー「ゆき」の客A
岡豊バー「ゆき」の客B
村松恵子バー「ゆき」の女給A
江幡秀子バー「ゆき」の女給B
織田千加子バー「ゆき」の女給C
石田茂樹粕谷の連れの男
沢村いき雄トップ屋A
佐田豊大東洋印刷の主任
大木正司やくざA
関田裕やくざB
高木弘やくざC
佐藤功一やくざD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック