わんぱく王子の大蛇退治

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昔々オノゴロ島にスサノオという腕白な王子がいた。亡き母イザナミを慕うスサノオは母の国を尋ねようと決心し、兎のアカハナを連れて島を飛び出した。まず荒海に住む怪魚アクルを退治してたどり着いた所は兄ツクヨミのいる夜のオス国。次に火の国では大男タイタンボウと一緒に暴れ者の火の神を退治し、タカマガ原へと旅立った。ここには姉である光の神アマテラスが住んでいて、スサノオは土地の開墾や畑作りをさせられるが失敗の連続。たまりかねたアマテラスは天の岩戸に入ってしまったので世界は闇となった。しかし神々のお祭り騒ぎにアマテラスは岩戸を開け、スサノオは励ましの言葉を背に天の鳥舟に乗り込んだ。出雲の国にさしかかった時、スサノオはクシナダ姫という美少女に逢い、頭が八つもある大蛇が娘をさらいに来るのだと聞いて、早速退治に出かけた。らんらんと眼を光らせ、口からは火を吐いて大暴れに怒るヤマタノオロチに向って、アメノハヤコマという天を走る神馬にまたがったスサノオは奮戦した。次から次へと挑んでくる頭を七つまで叩き落した時、スサノオは剣を折られてしまった。その時、母の形見の曲玉が黄金の剣に変り、勇気百倍のスサノオはその剣で最後の大蛇を突き刺したのだった。今まで闇だった世界が消えて美しい風景があらわれた。そこへスサノオが夢にまでみた母の幻があらわれ、「私はあなたの心の中、平和で美しい幸せの国にいます」と言って消えた。スサノオは初めて自分の心をみつめ、困難と戦って母なる幸せの国を立派に築こうと決心するのだった。


解説

「アラビアンナイト シンドバッドの冒険(1962)」に次ぐ東映動画スタジオの色彩長編漫画第六作。


配給東映
制作国日本 (1963)
ジャンル 

1963年03月24日より



スタッフ

演出
脚本
企画
製作
動画監修
作画監督
撮影
美術
背景
音楽
原画
色彩
考証
振り付け
出演(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック