温泉あんま

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

平和な温泉郷修徳寺は美人あんまと温泉芸者の人気で二分され、数百軒に及ぶ旅館もそのいずれかに属して対立する始末である。楽々苑を根城とするあんま派の人気NO1桐子は、美人ムードあんまをキャッチフレーズに特殊技巧を施しては殿方を悩殺し、せっせと稼ぎまくっている。一方の旗頭、パラダイスホテルを稼ぎ場にする温泉芸者派の〆奴は、お座敷着の下には水着を秘めて浴場まで進出し、女三ン助もやってのけるサービスが売りものときている。この二人は全くの犬猿の仲で、派手なお客争奪戦を演じている。時も時、パラジリアンのオリンピック選手団が大挙保養と観光を兼ねて、この修徳寺に来るという情報に誘致運動の火ぶたが切られたのである。桐子は黒一点の睦五郎も含めて芸者側を圧倒しようと意気ごみ、〆奴一派もお色気サービスの秘術を研究する。突然前ぶれもなくパラダイスホテルに投宿したハンサムな男は、パラジリアン国大使館派遣調査員の柴田であった。時を同じくして楽々苑に泊った中年男は、柴田と同行の調査員栗山であった。ここに至って両派のお色気サービスは凄絶を極め珍技、秘術をつくしての悩殺戦を展開するのであった。


解説

「温泉芸者」につぐ温泉シリーズの第二作。「温泉芸者」の下飯坂菊馬と「あした逢う人」の桜井康裕と小滝光郎が共同で脚本を執筆、「瘋癲老人日記」の木村恵吾が監督した風俗喜劇。撮影は「背広の忍者」の石田博。


配給大映
制作国日本 (1963)
ジャンル 

1963年05月15日より



スタッフ

監督
脚色
原案
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
叶順子桐子
高千穂ひづる〆奴
川崎敬三柴田
多々良純栗山
八波むと志睦五郎
宮川和子眉美
三原葉子君子
若水ヤエ子雪枝
小笠原まり子千秋
紺野ユカ富子
渋沢詩子枝豆
加茂良子金太郎
若松和子歌丸
市田ひろみ万竜
響令子ぽん太
耕田久鯉子鶴子
穂高のり子松勇
大西恭子もみじ
村田知栄子置屋の女将
山茶花究銭村
柳家金語楼若原
長田健二室谷
谷謙一西川
杉森麟石山
大辻伺郎会社員風の男
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)教師風の男
潮万太郎中年男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック