殺人鬼の誘惑

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

各紙一せいに“金貸しの谷彬殺人事件”を報じた。検死の結果傷は脇腹と背中に一カ所ずつ、背後からの刺傷が心臓に達する致命傷と判明、容疑者として喫茶店の店主平峰典三郎が手配された。活動を開始した日本新聞の特ダネ記者、大助と福原は平峰が借金の返済に困って刺殺したものと推定した。谷の許へ碁を打ちに来ていた棋士の天野、二枚目の運転手内田、若く美しい夫人京子の三人が同時に発見したという。福原は平峰の喫茶店のウエイトレス、和子から平峰に洋子という情婦がいることを聞き出した。一方、ライバル紙毎朝の大木は洋子が犬訓練所に潜入している平峰に送った手紙から、平峰逮捕の特ダネをキャッチした。しかし、平峰は脇腹を傷つけた事実は認めたが、背後からの刺傷については頑として認めず、捜査本部は再び活動を開始した。致命傷は右手で刺したものと判って右手のない天野は当然容疑者からはずされ、ホテルで逢引していた京子と内田が連行された。二人が共謀して谷家の財産を狙った犯行と追求されたが、内田の婚約者和江が、彼が京子の積極的な求愛に困っていたことを証言し、本部も証拠のないまま二人を釈放した。もし天野の右手に義手がはめられていたとしたら、というキャップの言葉に大助と福原は飛び出した。大助が谷邸の庭に埋められた血染めの手を発見したころ、福原は天野と京子が熱海へ飛んだことを知った。総ては二人の計画的な犯行だった。谷の脇腹を刺した平峰が飛び出すと入れ違いに天野が躍り込み、短刀を拾い上げると義手にはさみ背中を突き刺したのだ。スクープをモノにした大助と福原の顔は明るい。


解説

「恐怖の魔女」を脚色した山村英司の原作を彼自身と「忍者秘帖 梟の城」の池田一朗が共同で脚色、「恐怖の魔女」の若林栄二郎が監督した記者もの。撮影は「特別機動捜査隊」の星島一郎。


配給東映
制作国日本 (1963)
ジャンル 

1963年05月19日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
千葉真一 (Sonny Chiba)城野大助
石井淳福原福太郎
南廣水原
神田隆社会部長
三島謙宇留木
梅津栄田村
関山耕司
杉義一斎藤
河野秋武大木
菅沼正デスク
清水一郎捜査主任
石島房太郎川島部長刑事
岡野耕司矢頭刑事
本間千代子雪子
須藤健親父
川口敦子谷京子
沢彰謙谷彬
春日俊二矢野耕作
小川守内田勇
大村文武平峰典三郎
小林裕子足利洋子
新井茂子小林和江
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック