パレンバン奇襲作戦

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

太平洋戦争初期。マレー半島スンゲイバタニ基地には敵の空軍基地と大油田を控えるパレンバンを陥落すべく、落下傘部隊が待機していた。本隊の降下を前に少人数に依る特攻作戦を決断、六人の隊員が選ばれた。それは攻撃を受けた敵が、油田を爆破する前に爆破装置を破壊することだ。本隊降下が三日後に決定した日、戦前パレンバンの精油技師、砂見の土地カンを頼りに、輸送機で飛びたった。しかも、目的決行迄に八時間しかない。スマトラ上空で敵の高射砲の一斉射撃を受けた六人は、落下傘でジャングルへとび降りた。原地人の労働者に変装したが、オランダ兵に追跡されて機銃攻撃を受け、村越が犠牲になった。完全包囲の敵中を、なおも前進を続けるが、堀江を戦死させてしまう。迫り来る時巳に焦った一行は、ついに精油所に潜入するが、逮捕されてしまった。拷問を受ける一行を救ったのは、友軍機の大編隊だった。突然の空襲の混乱の中で、必死に爆破装置を探した。ここでまた並河が戦死。計画不成功か……そのとき、ジープが三人前を走り去り、第二制御室の前に止った。あそこだ!三人は突然駆け出した。十数名の兵相に軽機銃を乱射し自らも被弾した武内の壮烈な戦死が、野尻と砂見を地下室に走らせた。スイッチを入れられては最後である。そこに、将校と、かつて砂見と共に精油所で働き、現在の彼等の目的まで知っているケッスラーがいた。四人の銃弾の、乱射。将校達の死を確認した二人は夢中で爆破装置を破壊した。だが、表へ飛び出した時、砂見が直撃を受けた。茫然と立ち尽す野尻の眼に空から降る無数の白バラがまぶしかった……。


解説

「陸軍残虐物語」の棚田吾郎がオリジナル・シナリオを執筆、「暴力街(1963)」の小林恒夫が監督した戦争もの。撮影は「殺人鬼の誘惑」の星島一郎。


配給東映
制作国日本 (1963)
ジャンル 

1963年09月21日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)砂見軍属
江原真二郎野尻中尉
織本順吉 (Junkichi Orimoto)武内軍曹
今井健二並河兵長
山本麟一村越伍長
潮健児堀江上等兵
岡田眞澄 (Masumi Okada)ケッスラー
佐藤慶 (Kei Sato)岸田中佐
神田隆小畑中佐
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)有光大尉
南廣戸川中尉
岩城力也憲兵
須賀不二男操縦士
富士あけみ部落の踊り娘
八方ゆり看護婦
田川恒夫通信兵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック