100万人の娘たち

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

一ノ瀬幸子・悠子の姉妹は宮崎交通のバスガイドだ。今日の幸子のガイドは、はずんでいた。姉の幸子が全国バスガイドコンクールに優勝して帰って来るからだ。飛行場の歓迎の人混みの中には、バス・ガイド嘱託教師の小宮信吉をはじめ、同僚の嬉れしそうな顔があった。しかし、コンクール代表に決りながら、ノドを痛めて出場出来なかった有村日奈子の顔は暗かった。職業的ライバル意識と小宮信吉への同じ思いが重なっているのだ。幸子の内気な性格にかせいした嫁悠子の作戦が実り信吉と幸子は結婚した。姉の新家庭を訪れる悠子の目に、幸福そうな二人の様子は、何かさびしくうつった。やがて、ダンス・ホールに同僚と姿を見せる悠子が、人目をひくようになった。信吉の部下の柏木との仲を心配する信吉も、悠子が自分を愛している事を知って苦悩した。そんな折、姉の幸子が乳癌で入院した、看病に通う悠子と信吉、愛してはならない人を愛する苦悩は深まるばかりであった。幸子も二人の関係を疑い姉妹の間に微妙な影がさした。折りも折り国際観光ゼミナールに派遣員として、東京へ出張した悠子に、マンモス大都会の中で迄しく生き生きと働く人々の姿は、自分の住んでいる世界の狭さを知らせた。その頃、宮崎で幸子は、自分の亡き後を心配しながら、息をひきとった。姉を失った悲しみの中から起ち上がった悠子は、働く百万人のBGの中の一人である自分に目覚めた。信吉に見送られて上京した悠子は、今日も東京駅のラッシュの波の中で、しっかりと大地に足をつけて、明日への希望に胸をふくらませていた。


解説

「天国と地獄」の久板栄二郎と「かあちゃん結婚しろよ」の五所平之助が共同で執筆、五所平之助が監督した恋愛ドラマ。撮影は篠村荘三郎。


配給松竹
制作国日本 (1963)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1963年09月20日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
岩下志麻 (Iwashita Shima)一ノ瀬悠子
小畠絹子一ノ瀬幸子
吉田輝雄小宮信吉
牧紀子有村日奈子
笠智衆 (Ryu Chishu)八代篤文
乙羽信子 (Otowa Nobuko)椎葉とし
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)柏木登
中村雅子日高紀子
柳谷寛大野観光課長
国恵子観光ガイド君恵
設楽香乃観光ガイド京子
塚田直美観光ガイド光代
山口奈々観光ガイドとよ子
水科慶子観光ガイドひろ子
水木恵子観光ガイド千里
五月女マリ観光ガイド悦子
比嘉照子観光ガイドA
光映子観光ガイドB
小野寺恵子観光ガイドC
針生ふみ子観光ガイドD
田中筆子寮母
諸角啓二郎バス運転平尾
北竜二 (Ryuji Kita)医師
葵京子看護婦
穂積隆信榊原
城所英夫医者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック