昭和侠客伝

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和五年、やくざ桜一家は浅草に縄張りを持ち、関東一円に勇名をはせていた。或る夜桜一家三代目の千之助は、暴漢に刺されるという兇行に出会った。暴漢は桜一家に楯をつく愚連隊あがりの黒帯一家であることは明白だった。しかし、千之助は、やくざ稼業の因果さにいやけがさしていた。それだけに一人娘の良子だけは、堅気な男にと願っていた。しかし良子は桜一家の一の子分重宗に慕情を抱いていた。その頃黒帯一家は愚連隊青空一家を抱きこんでおとなしい桜一家に、ことごとく絡んでいた。そのたびに中に入ってかたをつける重宗の度胸に、魅せられた青空一家の勝男と譲次はぜひとも盃をと懇願した。重宗の行為に怒った千之助は、浅草においては、危いと憂慮する桜一家顧問の池上の言に、重宗は伊勢に身を寄せた。が黒帯一家の噂を耳にしてドス懐に浅草へ帰って来た。そのあとを、弟子にとしたう勝男がついていた。勝男は観音境内で今は妻梨江と屋台をひく譲次が黒帯一家に囲まれているのを救った。が、意趣返しに来た黒帯一家に囲まれ、重宗の居処を吐けとせまったが、勝男は最後まで口を割らず病院にかつぎこまれた。急を聞いてかけつけた重宗は、兄弟分の盃を与え、微笑をうかべて息絶える勝男をみとった。時を同じくして、桜一家の池上が、黒帯一家に刺殺された。千之助の怒りは爆発し殴りこみをかける決心をした。が一足早く、重宗は単身黒帯一家に殴りこみをかけた。襲いかかる白刃に血だるまになって進む重宗は、ついに深傷に膝を折った。応援にかけつけた千之助の心もむなしく、息をひきとった。重宗のなきがらにとりすがる良子の嗚咽を、「男になろう! 男らしく死のう!」という男達の唱和が物悲しく包んだ。


解説

「親分を倒せ」の石井輝男がオリジナル・シナリオを執筆、監督した任侠もの。撮影は「ギャング同盟」の山沢義一郎。


配給東映
制作国日本 (1963)
ジャンル 

1963年10月05日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)重宗
嵐寛寿郎桜千之助
三井弘次池上
関山耕司大月
内田良平深見
亀石征一郎雄三
佐藤晟也
室田日出男
三田佳子 (Yoshiko Mita)良子
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)勝男
待田京介譲次
岡本四郎サブ
小林裕子政子
岡部正純チャリンコの信坊
潮健児ハイダシの吉
水原一郎源治
北川恵一
平幹二朗 (Mikijiro Hira)土井
大木実
宗方祐二島村
山本麟一
杉義一猪股
八名信夫 (Nobuo Yana)六造
水城昌人トラ
安城百合子富子
三重街恒二岡田
丘さとみ雪子
坂本スミ子 (Sumiko_Sakamoto)梨江
神田隆清造
香月三千代やりて婆
木村俊恵夢子
芦屋雁之助宮地
志摩栄仙吉
河合絃司食堂の主人
金子澄江女店員
小塚十紀雄救世軍の男
大木史朗救世軍の中佐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック