まらそん侍

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

安政年間、上州安中藩では毎年秋、安中城から碓氷峠の熊野権現まで往復する全コース十四里十四丁の「遠足の儀」を行った。今のマラソン競走である。今年の競争に勝った五人のうち数馬、幾之助の二人は表彰式の席上、家老宇佐見監物の娘千鶴を見染めた。しかし、次席家老の息子の市之丞が一足先に結婚を申し込んだときき、自棄酒をあおりに大黒屋に行った。そこで高崎の顔役政五郎達と衝突した。また数馬は大黒屋の看板娘お糸に見染められた。二人は藩校甘雨塾の学長山田三川に勇気づけられて監物に会い千鶴に求婚した。千鶴は市之丞の申し込みは断ったが、二人に対してはどちらを選ぶべきか迷った。父親の監物は思いあまって殿に相談した。一方、泥棒の丹九郎は相棒のお紺等と安中藩の家宝、金ギセルを狙っていた。やがて一年がたちまた遠足の期日が迫った。殿は数馬と幾之助のうちこの競走に勝ったものに千鶴をめあわそうという案を出した。遠足の前夜、丹九郎は金ギセルを盗み出した。丹九郎はそのキセルを持ち、選手の一人に化けて関所を突破しようとした。折しも安中藩に幕府の使者が現われ、アメリカ使節ペルリに贈るのだからキセルを出せといって来た。この騒ぎのうちにいよいよ競争が始まった。顔役政五郎は途中で数馬を襲撃するが、幾之助の加勢で失敗した。丹九郎は折角盗んだキセルを、手違いから大黒屋のお糸の手に渡してしまい、お糸から藩に返された。数馬と幾之助はへとへとになってゴールに駈けつけ、二人とも同時にゴールインすると見えたが、数馬を恋するお糸の防害が効を奏し、一着は幾之助が占めた。かくて幾之助は千鶴と、数馬ほお糸と結ばれた。


解説

伊馬春部の放送劇を「虚無僧変化」の八木隆一郎が脚色し、「俺は藤吉郎」の森一生が監督、「帰って来た幽霊」の本多省三が撮影を担当した。主なる出演者は「花の渡り鳥」の勝新太郎、「又四郎喧嘩旅」の瑳峨三智子、三田登喜子、「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」の夏目俊二、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人 (夫婦御円満の巻)」の大泉滉など。


配給
制作国日本 (1956)
ジャンル 

1956年02月05日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)海保数馬
瑳峨三智子千鶴
三田登喜子お糸
夏目俊二秋庭幾之助
トニー谷熊坂の丹九郎
益田喜頓のろまの勘六
大泉滉本多市之丞
旭輝子白雲のお紺
清川玉枝伊予守奥方玉木
千葉敏郎小板橋五郎次
真風圭子雪江
小川虎之助宇佐見監物
十朱久雄 (Hisao Toake)板倉伊予守勝明
佐々木孝丸山田三川
東良之助本多将監
光岡龍三郎猿谷佐次郎兵衛
大邦一公政五郎
尾上栄五郎久保方治平
水原浩一高津摂津守
原聖四郎吉田重兵衛
伊達三郎 (Saburo Date)角田与兵衛
横山文彦三左衛門
藤川準家臣
玉置一恵虚無僧
堀北幸夫駒吉
橘公子お槙
仲上小夜子お新
前田和子お仙
小松みどり数馬の母
金剛麗子力餅茶屋の婆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック