黒帯有情 花と嵐

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

明治三十三年、講道館柔道は全国を風靡しつつあったが、これを快しとせぬ古武道柔術の諸派が九州にあった。今しも岡田道場では講道館柔道への挑戦者決定戦が行われ、先輩の海棠を破った檀駿介が代表に選ばれた。上京した駿介は講道館へ向う途中、ふとしたことから講道館の牟礼と知り合い、挑戦状の趣きを伝えたが逆に柔道の本義を説かれ、更に講道館主安濃の技に己の未熟を覚って彼の門に入った。ある夜、駿介の前に海棠が現れ、変節を詰問され危うく倒されようとしたが、少林寺拳法の達人陳香桃に救われた。海棠は香桃の技に驚き、拳法を磨くため彼女についてシナへ渡った。駿介は牟礼の妹お駒の家に下宿したが、お駒の思慕に気づくや、故郷に残した恋人である亡き道場主の娘恵子への良心からそこを去り、牟礼の恋人新子の家大黒屋の用心棒となった。だが牟礼と共に地回りと争ったため安濃から牟礼は破門、駿介は情ある計いで九州分教場設立の役を命ぜられた。九州に帰った駿介を恵子が待っていたが、彼女は失明の危機にあり、駿介は分教場建設の資金を投じ治療に当らせた。その頃、牟礼は帰朝した海棠と会い、彼の拳法に屈した。恵子の眼が再び開かれた日、駿介の許に棠礼と新子が現れ、海棠の駿介追求と拳法の威力を告げた。時あたかも柔術諸派の挑戦が舞込んだ。阿蘇の噴煙近い往生岳で柔術家達と乱闘の最中、海棠が現れた。柔術家達を牟礼の奮戦に委ね、忽ち駿介対海棠の一騎打が始った。死闘の末に海棠は敗れ、駈けつけた香桃の腕に息絶えた。新子の好意で岡田道場は修理され、「講道館柔道九州分教場」の大看板の下で駿介と恵子は結ばれた。


解説

「黒帯三国志」の松浦健郎の原作、脚色を「江戸一寸の虫」の滝沢英輔が監督。柔道の世界に舞台をとったアクション・ドラマ。撮影は「色ざんげ(1956)」の峰重義。主な出演者は「乙女心の十三夜」の葉山良二、安井昌二、「ドラムと恋と夢」の芦川いづみ、「青春をわれらに」の東谷暎子、「東京の人」の滝沢修など。


配給日活
制作国日本 (1956)
ジャンル 

1956年04月25日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
葉山良二檀駿介
安井昌二 (Shoji Yasui)牟礼三九則
水島道太郎海棠竜三郎
芦川いづみ恵子
東谷暎子新子
日高澄子お駒
利根はる恵陳香桃
小杉勇河井源将
滝沢修 (Osamu Takizawa)安濃利五郎
河合健二田中万作
深見泰三大黒屋金造
原恵子妻クラ
べレン・スタイン外国人医師
伊藤寿章外国人医師助手
田中筆子お虎
小田切みき梳き子一
鎬木はるな梳き子二
隅田恵子梳き子三
田島義文柔術派の男一
花村信輝柔術派の男二
加原武門地廻りの男
鶴田喜由巡査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック