間諜(1964)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

徳川末期、阿波蜂須賀藩を中心に、倒幕の陰謀ありと探知した幕閣は、三人の間謀、南、佐々木、松山を四国へ送った。が、これを事前にキャッチした阿波藩隠密取締り役、三田村軍十郎を中心とする阿波間諜は、巧みな情報網を張り、秘密を守ろうとした。南らの第一の目標は、以前潜入したまま行方不明になった間諜吉岡をみつけ出すことだ。南は徳島城下にある賭場で、吉岡が藍工場に向ったまでの足どりを得た。佐々木が藍工場に忍び込んだが、捕えられ、拷問を受けた。一方勘定奉行波藤が指揮する地下工作は着々と行われ、阿波踊りの混雑を利用して武器弾薬を輸送し、さらに佐々木、吉岡を囮に幕府間諜一掃をもくろんだ。それを知ってか知らずか、血気にはやる松山は、佐々木救出を計った。待ちかまえていた鉄砲隊の銃が火を吹こうとした瞬間、南がかけつけ、群衆を利用して、鉄砲隊を錯乱させ、佐々木を救い出した。佐々木の報告によれば、阿波踊りの三日間こそ、三人に与えられた最後のチャンスなのだ。一刻の休息も許されない。南は御船蔵探策にあたり、佐々木と松山は再び藍工場に潜入した。この藍工場こそ、火薬倉なのだ。藍職人の中にもぐりこんだ佐々木は、火薬庫を爆破したが、自身も自爆して、果てた。また松山も船着場の軍船爆破に成功した。一方南は御船蔵に忍び入り、ひん死の百姓から、秘峰西ケ峰に大掛りな秘密工作場がある事を聞き出し、南とともに西ケ峰に向った。夜を待った南は、自分を囮に松山を敵陣に潜入させた。南は捕われ、拷問のすえ斬殺された。松山は、そのすきに火薬工場を爆破した。二人の先輩を失った松山の心は暗かった。が、そんな彼にまた次の任務が待っていた。


解説

長谷川公之と宮川一郎の原作を「人生劇場 新・飛車角」の沢島忠と中島貞夫、鳥居元宏が共同で脚色、沢島忠が監督した時代劇。撮影は「大殺陣」の古谷伸。


配給東映
制作国日本 (1964)
ジャンル 

1964年09月16日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
内田良平南新九郎
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)松山征四郎
緒形拳 (Ken Ogata)佐々木忠行
野川由美子 (Nogawa Yumiko)お千代
宗方奈美おそで
楠侑子おあき
田中邦衛 (Kunie Tanaka)
三島雅夫作爺
有馬宏治藤兵衛
唐沢民賢吉岡平之亟
菅貫太郎望月主馬
有川正治三田村軍十郎
兼田好三郷田弥八郎
岩尾正隆七兵衛
西田良明喜助
津田健二甚公
疋田圀男源左衛門
脇中昭夫政吉
国一太郎田沼兵助
源八郎甚左衛門
前川良三与吉
鳳啓助お遍路の夫
京唄子お遍路の妻
丘路千役人l
結城哲也役人2
春日弘役人3
春路謙作お遍路引率者
大浦和子おかみ
高橋漣
山田光子
矢奈木邦二郎百姓一
有島竜司百姓二
小田真司百姓三
那須伸太朗百姓四
西春彦百姓五
平沢彰藍番所役人
岡島艶子老婆うた
市川裕二松山の父
村居京之輔南の父
浪花五郎佐々木の父
五里兵太郎人足権次
天津敏波藤隼人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック