大喧嘩

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

浅間の噴煙をのぞむ小田井宿は、もともと勝場一家のものだ。しかし、笹島一家の再三の横車に業をにやした勝場一家の親分藤兵衛は喧嘩状を叩きつけた。喧嘩は勝場一家の勝利に終った。が、敵方の親分を叩き斬った榛名の秀次郎は、行末を誓い合った藤兵衛の一人娘おかよに別れを告げて旅に出た。それから三年、絹市の前日、秀次郎は小田井宿に舞い戻った。宿場の様子はすっかり変っていた。勝場一家と兄弟分の盃をかわした赤岩の亀蔵は笹島一家に併合し、その勢いにのって、勝場一家の縄張りを狙っていた。新興勢力に追われ、昔日の面影を失っていた勝場一家は、秀次郎の帰郷に色めき立った。が、カタギの商人に迷惑をおよぼすことを恐れた藤兵衛と秀次郎はいきりたつ乾分を押えて平和を維持しようとした。一方藤兵衛の兄弟分上州屋仁右衛門は、用心棒三鬼を暗躍させ、両家の喧嘩に火をつけて闘わせ、二つの縄張りを掌中に治めようとしていた。また秀次郎の恋仲おかよは、今では目明しになった弟分伊之助の女房になっていた。心の痛みを酒でまぎらわす秀次郎の毎日が続いた。そんなとき、笹島一家が秀次郎を襲った。あくまで喧嘩をさけようとする秀次郎は、亀蔵の一人息子を人質にして喧嘩をくいとめた。喧嘩の火つけ役を失敗した三鬼は、おかよを捕え亀蔵に引き渡した。伊之助は単身亀蔵のもとになぐりこんだが逆に殺された。遂に秀次郎も、人質の交換をし、売られた喧嘩を買う決心をした。赤岩一家と勝場一家の戦いは凄絶をきわめさらに三鬼の兇刃にあって、秀次郎をのぞいて全員殺された。秀次郎は一人三鬼と相対した。秀次郎の刃を受けて、三鬼はもろくも倒れた。その背には秀次郎の短い竹槍が深々と突きささっていた。


解説

「博徒」の村尾昭と「車夫遊侠伝 喧嘩辰」の鈴木則文「間諜」の中島貞夫が共同で脚色「江戸犯罪帳 黒い爪」の山下耕作が監督した任侠もの。撮影もコンビの鈴木重平。


配給東映
制作国日本 (1964)
ジャンル 

1964年09月05日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
大川橋蔵榛名の秀次郎
穂高稔浅井の伊之助
河原崎長一郎並木の芳太郎
十朱幸代 (Toake Yukiyo)おかよ
入江若葉おゆき
松浦築枝おしま
加藤嘉勝場の藤兵衛
徳大寺伸宵田の紋二
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)北上の竜三
藤木錦之助浅吉
鈴木金哉良太
金子信雄 (Nobuo Kaneko)上州屋仁右衛門
阿波地大輔桃井の弥八
川波公二郎竹造
遠藤辰雄赤岩の亀蔵
加村越夫太市
曽根晴美島田の捨吉
汐路章 (Akira Shioji)松倉の平次
河村満和野島の重
蓑和田良太和田山の源次
大井潤大五郎
花澤徳衛安兵衛
高松錦之助弥十
野村鬼笑権造
霧島八千代さつき
相原昇中盆
矢奈木邦二郎笹島の右三治
西村晃松井田の多助
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)三鬼剛太郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック