敗れざるもの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

高村家のお抱え運転手橋本鉄哉が、高村家の長男中学二年の俊夫の眼がおかしいと気づいたのは、天体観測台で星をながめていた時だった。新しい天体望遠鏡のレンズが曇っていると言ったり、物にぶつかったりするさまは、病気としか思えなかった。木崎医師のすすめで大学病院で診察を受けた俊夫は、現代医学で最も難病と言われる脳腫瘍であると診断された。塩見、沖山両博士の執刀により八時間を越える大手術は無事終了した。結果は全部を切除することは出来なかったが、まず成功したと語られた。高村家で最も親愛する俊夫の難病に、鉄哉は心をいため、毎日病室を訪れた。ある日、看護婦詰所に行った鉄哉は、隣室で沖山博士が、俊夫の病状は現代医学では助かる見込が皆無だと話すのを聞き驚愕した。俊夫は退院を許され、保護帽をかぶって通学を始めた。だが俊夫の病状が進んでいることは鉄哉にもわかった。病魔は眼から足に来て、ついに右手は動かなくなっていた。そんな日、俊夫の再手術が行われた。再び退院する日、俊夫は思いつめた表情で鉄哉に自分は助からないだろうということを知っていると話した。俊夫は不用意に話す看護婦の話を聞いたのだった。鉄哉は病魔と閥う幼い生命力に、言い知れぬ感動と、医学の限界に押えきれぬものを感じた。残された日を何でも見たいという俊夫の言葉に地下鉄工事現場に連れていった鉄哉は、昔ダム工事で同僚であった川瀬に逢った。それから数日後、高村家に、鉄哉が酔った同僚を過失から死に追いやったという怪文書が届いた。激怒して、出て行って欲しい、と言う高村夫妻を俊夫は必死にひきとめた。不自由な身体で天体観測に登る俊夫を助ける鉄哉に、俊夫は星になりたいとつぶやいて、数日後、昏睡状態におちいった。死に大きな疑問をもっていた俊夫は、今ようやくその意味をさぐりながら深い眠りにおちた。小さき闘いに終りを告げた俊夫に、鉄哉はある感動を覚えた。


解説

石原慎太郎の“小さき闘い”より山中恒が脚色「風と樹と空と」の松尾昭典が監督した社会ドラマ。撮影は「帰郷(1964)」の横山実。


配給日活
制作国日本 (1964)
ジャンル 

1964年10月30日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
石原裕次郎 (Yujiro Ishihara)橋本鉄哉
小倉一郎高村俊夫
宇佐美淳也高村圭吾
三宅邦子 (Kuniko Miyake)高村和子
十朱幸代 (Toake Yukiyo)高村浩子
清水将夫塩見博士
山形勲沖山博士
大坂志郎木崎医師
河上信夫小山医師
伊藤美智子大木登子
光川環世上田葉子
前田嘉晴砂塚健治
矢内茂河原宏
川原竜一石黒明
藤岡重慶伊藤
野呂圭介佐野
小林昭一川瀬
深江章喜木所
花村彰則村沢
玉村駿太郎石田
木島一郎田中
峰三平作業員達A
英原穣二作業員達B
松本典子三好看護婦
北出桂子太田看護婦
原恵子大学病院看護婦長
谷川玲子青木看護婦
田中筆子年配の女中・加代
加藤洋美若い女中・キミ
小柴隆沖山博士の助手
下條正巳徳武
久遠利三タクシー会社の配車係
伊藤孝雄俊夫の家庭教師
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック