肉体の盛装

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

京都宮川町静乃家の女将きくは、自分を愛する渡辺のために、芸者から足を洗い二人の娘とお茶屋を経営していた。渡辺との間に出来た二人の姉妹は、界隈でも美貌で知られ、姉の君蝶は一流芸者で、一家の柱となっていた。君蝶は、母とは正反対の性格で、全て金勘定が優先するドライ芸者。君蝶のためにお金を使った男は数知れなかった。君蝶の腹ちがいの弟秀雄は、渡辺の死と共に縁をきっていたが、社員に持ちにげされると、きくのもとに二十万の工面を申し入れて来た。人の好いきくは、この話を受け入れていたが君蝶はそんな母が腹だたしかった。市役所に通う妹の妙子や、芸者福弥の稼ぎでは、とても家が支えられず、君蝶が生活の重みを支えるはめとなっていたからだ。妙子は同じ職場の孝次と恋仲で、結婚話まで進んでいたが、孝次の養子先の母千代は、かつて芸者時代、きくと渡辺をとりあった腹いせから、祇園と宮川町では格式がちがうと毒づいた。こんな頃、福弥は喀血して寝込み、きくは、家を抵当に入れて秀雄に工面していたので、君蝶は益々金のために苦しんだ。そして君蝶は、千代の鼻をあかすため、千代の旦那伊勢浜を誘惑して二十万をせしめ、温習会のスポンサーになることを承知させた。遂に、福弥は息をひきとった。今は、金だけしか眼中にない君蝶は通夜にもでず、伊勢浜と会った。かつて、君蝶の恋人であった山下が、金の工面で君蝶を訪れたとき、唯君蝶は冷笑するだけだった。やがて温習会の当日、控室に入った君蝶を、山下が待っていた。顔面蒼白、庖丁を振りかざして半狂乱であった。驚いて表に走り出た君蝶を、山下の右腕が刺した。君蝶が快方へ向った頃妙子が孝次を連れ立って現われた。家を飛び出して東京へ行くという二人に、君蝶は幸せを見た。


解説

新藤兼人の原作“偽われる盛装”を自ら脚色「海軍」の村山新治が監督した女性ドラマ。撮影は「赤いダイヤ」の坪井誠。


配給東映
制作国日本 (1964)
ジャンル 

1964年11月21日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)君蝶
富司純子 (Sumiko Fuji)妙子
丹阿弥谷津子 (Yatsuko Tanami)きく
岩本多代福弥
新井茂子とんぼ
楠田薫千代
江原真二郎孝次
山茶花究伊勢浜
赤木春恵おとき
岩崎加根子友香
新井和夫渡辺秀雄
村瀬幸子藤尾
西村晃山下
南都雄二笠間
安城百合子雪子
谷本小夜子福寿楼の仲居
関田千栄子飯焚きの婆さん
山本緑仲居A
伊藤慶子仲居B
西智子女将A
香月三千代女将B
八百原寿子菊亭の女中
多騎由郎按摩
進藤幸福寿楼の女将
小林テル鮒吉の仲居
杉正子看護婦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック