「明治の風雪」より 柔旋風

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

鹿鳴館花やかりし明治時代、学習院教師矢野正五郎は、諸派入り乱れる柔術界を、本来の武術に引き戻すよう内弟子戸田雄次郎共々念願していた。矢野を敵視する天神真揚流の兄弟子泉専太郎に真意を説き納得させた矢野は、泉を師と仰ぐ魚河岸の連中にかこまれ、乱闘事件となった。学習院教師の大乱闘と新聞に書きたてられた矢野・戸田の二人に対し、矢野を学習院に推した静閑寺静馬子爵は立腹し、矢野に退職を迫ると更に息子高博と矢野の姉須賀子との婚約も破談にした。そして静閑寺子爵は、実業家椿正太の令嬢早苗と高博の政略結婚を謀った。しかし、矢野を慕う早苗は、その非情さを泣いて訴えた。一方掛札兵介、檜垣源之助ら師範は、関東一の廻船問屋島屋を説いて道場を買わせ日本柔術の大本山にする算段であったが、以前から矢野に惚れこんでいた島屋は、その話を断った。箱根山中にこもった矢野は、かねての顔見知りの革命家井沢周蔵配下の天誅党員の一派に挑まれ、闘う破目となったが、矢野の柔の術は彼らを破った。一方早苗は、矢野を思うばかりに病に伏せっていた。その頃隅田川からお台場へ遊びに行っていた島屋の娘千鶴は、掛札兵助と魚河岸の無頼漢に難題をふきかけられていたが、むかえに来た戸田に助けられた。また学習院院長花木は、矢野・戸田の正義感を知ると、再び学校に戻って柔術をするよう激励した。その頃早苗は息をひきとり、静閑寺子爵は、再び須賀子を高博の嫁にといって来たが、須賀子、矢野はとりあをうとしなかった。一日、京橋の日本伝・柔術連合道場の道場主は、掛札と矢野の模範試合で勝った者に道場を与えるという条件を出したが、死を覚悟した戸田が矢野の代りに出場し見事勝をおさめた。そしてその道場主こそ、矢野を嘱望する井沢と判明、矢野は柔の小乗から道の大乗に達するため「紘道館柔道」と名づけ、館主におさまった。


解説

富田常雄の“明治の風雪”を「民謡の旅 秋田おばこ」の渡辺邦男が脚色・監督した柔道もの。撮影は河原崎隆夫。


配給松竹
制作国日本 (1965)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1965年03月13日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
平井昌一矢野正五郎
香川良介矢野一作
松山容子矢野須賀子
倉丘伸太朗戸田雄二郎
石井竜一壇義麿
石倉英彦津崎公平
本郷秀雄島屋長作
和泉恵子島屋千鶴
龍崎一郎静閑寺静馬
秋葉浩介静閑寺高博
西村晃椿正太
佐治田恵子椿早苗
上杉高也掛札兵介
内田良平檜垣源之助
沢井三郎関屋柔山
新宮寺寛門馬三郎
小沢文也木島太郎
松本錦四郎飯沼恒民
高田浩吉泉専太郎
曽我廼家明蝶愚庵和尚
永野達雄花木専一
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)井沢周蔵
泉田洋志あたりめの仁助
出水憲司あたりめの栄三
内村友美おたき
九重ひろ子お重
松崎薫河岸の若者
野崎善彦島屋の番頭
和崎俊哉鬼石佐平
関高志若者A
丸尾好広若者B
原聖四郎入沢医師
板東勲島屋の船頭
石月真子お高
岩淵一枝看護婦
山中勇網船の船頭
森本忠雄道場の書生木辻
天野匁一佐々源一郎
原鉄警視
宇治みさ子菊弥
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック