フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

広島衛戍病院で破壊された細胞組織の再生を研究しているボーエン博士と同僚の川地、戸山李子の三人は、原爆地広島に忽然と現われた怪童の身柄を預かった。放射能に強く、白人である両親不明の怪童は、周囲の好奇の目の中で、李子の二倍にもあまる成長を示し、もはや人間と一緒に生活することが不能であった。倉庫の中で鎖に繋がれた怪童、報道関係者は広島に集中した。そのころ広島衛戍病院を訪れた海軍大尉河井は、終戦直前にドイツの潜水艦からフランケンシュタインの心臓をひきとって、広島衛戍病院へ届けたと語った。フランケンシュタインの心臓とは、蛋白質の補給さえあれば、活発な細胞活動により身体がなくなっても復元するというものだった。もしこの怪童がフランケンシュタインであれば、手足をきっても、新しい手足が出てくるはずだ。折しもテレビ取材に怒った怪童は、倉庫を破り飛び出した。後には鎖でちぎられた手首が床の上を匐っていた。やはり怪童はフランケンシュタインだったのだ。そのころフランケンシュタインは、岡山や、姫路で家畜を喰い荒し、市民を恐怖させていた。警察がやっきになっていた頃、白根山でハイカーが、清水トンネルで工夫が、行方不明となった。その頃フランケンシュタインの行方を捜すボーエン博士のもとに、河井がもう一匹怪獣がいるらしいと情報を入れた。中世代の大爬虫類が地球の表面が寒くなったため寒さをのがれて地底にもぐり、子孫を残して来た。そして不思議な光線を明滅させているという。ボーエン博士らは、フランケンシュタインを保護し、飼育しようと富士の裾野へと向った。霧におおわれた裾野では、地下から現われたバラゴンがフランケンシュタインと対決していた。角兵器をもつ怪獣バラゴンと怪力をもつフランケンシュタインの決闘は、凄惨をきわめたが、バラゴンが傷つき巨大な穴を残して地中にもぐりこんだ。そしてフランケンシュタインもバラゴンを追って、地中にもぐっていくのだった。


解説

馬淵薫のオリジナル・シナリオを、「宇宙大怪獣 ドゴラ」の本多猪四郎が監督したSFもの。撮影もコンビの小泉一。


配給東宝
制作国日本 (1965)
ジャンル 

1965年08月08日より



スタッフ

監督
特撮監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル
特技撮影
特技美術
特技照明
合成

キャスト

俳優名役名
ニック・アダムス (Nick Adams)ジェームス・ボーエン博士
高島忠夫 (Tadao Takashima)川地堅一郎
水野久美戸上李子
ピーター・マンリーセンドルフ博士
土屋嘉男河井大尉
志村喬広島衛戍病院の老軍医
田島義文村田艦長
沢井桂子遠井田鶴子
沢村いき雄住宅の主人
向井淳一郎巡査
古田俊彦農夫
佐田豊病院の事務長
渋谷英男週刊誌の記者
山本廉元木
加藤春哉ディレクター
中山豊照明マンA
大村千吉照明マンB
西条康彦カメラマン
石田茂樹大学教授
田武謙三新聞社社員
津田光男技師
広瀬正一トンネル工夫
野村浩三記者A
岡部正記者B
橘正晃記者C
桐野洋雄岡本警部
田崎潤 (Jun Tazaki)岡山県警本部長
大友伸杉山警部
佐原健二 (Kenji Sahara)田所警部補
藤田進 (Susumu Fujita)大阪警視庁幹部A
伊藤久哉大阪警視庁幹部B
中村伸郎須賀博士
小杉義男自衛隊幹部A
緒方燐作自衛隊幹部B
古畑弘二 (Koji Furuhata)フランケンシュタイン
中尾純夫フランケンシュタイン
中島春雄バラゴン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック