無宿者仁義

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

神戸一の旧家を誇った日比野家も、東京での宝石業に失敗し、いまは見るかげもなかった。日比野通商を父から受けついだ長男の一策は一徹者で商売下手。長女杏子は一策と気が合わずに東京でファッション・モデルをしていた。この杏子には西山健次という愛人がいた。杏子は健次を兄一策の会社に入社させようとしたが、一策はこれを拒絶し、さらに密かに興信所に頼んで健次の身元をあらい始めた。健次が日比野通商のライバル会社で暴力団砂田組と結託する丸山商会のスパイではないかと思ったのだ。やがて一策のもとに興信所からの連絡が入った。健次は身元不明の男だった。一策の疑惑は深まり、この報告を聞いた杏子も、健次から離れていった。健次は仕方なく、丸山の情婦ミミイと関係を持ち、彼女のドヤにころがりこんだ。そこで健次は丸山の密輸相手のバイヤーが竜であることを知り、策を案じた健次は、竜と仲介を抜きの直接取引をするという条件で、砂田組と丸山にとりいった。一方杏子の弟弘の尽力で密輸品の運び屋鄭をつかまえた健次だったが、突然現れた竜のためにとり逃がしてしまった。が、竜の顔を見た弘はがく然とした。それはまぎれもない兄一策の姿だったのだ。しかし健次が調べていくと、この密輸団の本当の黒幕は外国人の張であった。しかし張のかくれ家をつきとめた健次も彼が密輸取締官であることを見破られた。健次の危機を知った弘は一策の内妻三千代や、杏子をともなって、健次の捕われているランチを追った。今や改心した一策は張一味を乗せたランチを自らあやつって突堤にぶつかり自爆した。悪夢のような一夜は過ぎ、健次は杏子とのエンゲージリングを弘に預けると、再会を誓って去って行くのだった。


解説

「孤独の賭け」の長谷川公之がシナリオを執筆、「復讐の牙」の井上梅次が監督したアクションもの。撮影は「一発かましたれ」の坪井誠。


配給東映
制作国日本 (1965)
ジャンル 

1965年08月25日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
高城丈二西山健次
根上淳 (Jun Negami)日比野一策
三田佳子 (Yoshiko Mita)日比野杏子
岡崎二朗日比野弘
進藤幸日比野カツ
久保菜穂子三千代
植村謙二郎
安部徹 (Tooru Abe)丸山
宮園純子ミミイ丘
中山昭二西郷警部
生方功川口警部
水城一狼安部刑事
沢彰謙砂田親分
水島岳松田
潮健児沢田
有木山太
室田日出男
河合絃司保安課長
仲原新二高木
日尾孝司組織の男A
土山登士幸組織の男B
三重街恒二組織の男C
最上逸馬組織の男D
滝島孝二砂田組子分A
山之内修砂田組子分B
久地明砂田組子分C
桐島好夫砂田組子分D
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)砂田組子分E
北峰有二日比野通商社員
菅沼正刑事A
植田貞光刑事B
田川恒夫刑事C
岡野耕作記者A
山田甲一記者B
島崎淳一記者C
菅原壮男記者D
高原秀麿記者E
杉義一警官
秋山敏船長
星徹スリの男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック