掏摸(すり)(1965)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

下谷界隈では清水一家と巾着屋一家がスリの縄張り争いをしていた。ある日清水組の乾分半太がすった財布を、見事すり返した男がいる。裏町で仕立屋をする銀次だ。そのすご腕に惚れた半太の誘いで、銀次は女親分清水熊に会った。やがて玄人のスリになった銀次は、縁日の日、ある親娘連れから財布をすった。この財布が銀次の運命を狂わせるのも知らず……。銀次のスリ行脚は増々激しくなっていった。老剣士桃井半蔵から印篭をする賭けをしたり、スリルに銀次は陶酔していった。ある日、半太とスリ行脚をする銀次は、縁日の日に自分がすった男の娘に会い、後を追った。娘の名はおさよといい、父は役人であったが、縁日にすられた財布がもとで病いに伏していると語った。銀次は思いあたるところがあった。巾着屋のスリ濡れ燕の健と刑事山川が必死に銀次の後をつけているのだ。あの財布の中味はよほど重要なものが入っていたにちがいない。銀次は中身も見ずに半太に呉れたのを悔んだ。一方半太はその中にあった一万円の受領書をネタにおさよの父牧村をゆすっていた。受領書は工事入札に関する監督局の汚職の証拠であったのだ。その後牧村は局長から不始末を叱責され自殺して果てた。葬式を出した傷心のおさよを、銀次は何とか救うため、あの日の財布を持っている半太を訪ね、半太から受領書をネタに、牧村をゆすったことを聞き、後悔の念にかられた。一方おさよは、次第に銀次に惹かれていった。事情を知った半太は、銀次と監督局を訪ね局長に受領書を示した。山川刑事は監督局汚職を摘発したが、仕立屋銀次の現行犯は遂にあげることが出来ず、銀次は、おさよの面影を胸に旅に出るのだった。


解説

「桃太郎侍(1963)」の八尋不二がオリジナル・シナリオを執筆、「雲を呼ぶ講道館」の弓削太郎が監督した明治もの。撮影もコンビの宗川信夫。


配給大映
制作国日本 (1965)
ジャンル 

1965年10月16日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
本郷功次郎仕立屋銀次
渡辺鉄弥半太
高田美和おさよ
早川雄三牧村剛平
久保菜穂子清水熊
内田朝雄 (Asao Uchida)大河卓造
成田三樹夫巾着屋勝蔵
仲村隆陣族の新助
真城千都世おいらん小市
志保京助細目の安
星ひかるおとなしやの吉
滝田裕介濡れ燕の健
中原健隼のサブ
森一夫ちょぼ一
美川陽一郎山川
浜村純桃井半蔵
津田駿ほうずき売り
佐々木正時親爺
三角八郎落語家の客
松村若代老婆
川澄節子お花
泉かおるお竹
大川千恵子おきく
小山内淳遊人風の男
森矢雄二秘書課員
武江義雄目玉の松
南堂正樹でく政
杉森麟鼻万
喜多大八ズドン熊
一条淳子人形の春
米沢富士雄もろぬき
今井荘一郎仲兵衛
三夏伸天助
中谷勲ぴん
佐原新治からみの鉄
後藤武彦だいがら
甲千鶴めんちり
有島圭子てく花
小杉光史掏られている紳士
小島美沙
赤沢未知子
沖良子
及川弘子
光実千代
松浦いづみ
高見貫善助
真杉美智子甘酒屋の女
藤野千佳子甘酒屋の女
大庭健二ナゲシ解のスリ
花布洋ナゲシ解のスリ
加藤雅子帯を解かれる女
北川裕牧村の給仕
穂積明巾着屋の子分
原田玄立会人
石黒三郎大河局長の秘書
皆川福之助馬鹿初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック