狸の王様

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

船橋オート・サーキットの駐車場。一人の男がドアの開く車を探すや、シートの上の女物の派手なバックを手にした。最近流行の車上ドロだ。だがその男に声をかけた紳士風の男、とたんに車上ドロ恐縮してバッグを渡した。実に鮮やかこれも車上窃盗常習犯車田一平だ。一平の戦利品を一平が下宿している洋裁店の女主人千代が店の客に売りつける寸法。一平にはなんとなく千代の好意がけむったい。今日も一平は仕事に出かけ、間抜けな警官鬼塚に見られたが、見事逃げ込んだ。ある日一平は自動車にはねられた子供を助け、その姉明美の美しさに一目惚れ。一平は病院通いをした挙句、明美にマンションの世話をしようとまで言い出した。ある日、サーキットの駐車場で盗んだバッグに土産品を詰めて、病院を訪れた一平は、虎造と名のる明美の兄に会って驚愕した。虎造はサーキットの駐車場で一平がだました車上ドロだったのだ。腕を見込まれて、組んで仕事をすることになった一平は、虎造にドジを踏まれて思うように稼げない始末。そんな一平に、千代はマンションなんてとんでもないと怒った。一方明美と一緒に住めるようになったものの、うだつのあがらない虎造は派手なことをやりたいと、ある晩霊柩車を盗んで来た。棺の中は金の延板であった。大仕事に大喜びで帰って来た一平は、部屋の中が荒され、明美の弟が人質にとられたと聞いて呆然とした。そのうえ、実は虎造は明美の亭主で、誘拐されたのは子供とあって、二度ショックを受けたが、人情家の一平は千代の手をふりきって誘拐犯と指定の場所で逢った。鬼塚巡査を騙して乗ったパトカーに犯人と子供を乗せ、巧みに鬼塚に連絡、やっと犯人逮捕に成功した。しかし、一平は数々の悪事がバレまた千代も一平と一緒にかせいでいたことがバレて仲良く護送車に乗せられ、務所へと向った。鬼塚巡査は一人会心の笑みをうかべた。


解説

「狸の大将」の山本嘉次郎と「クレージーの無責任清水港」の坪島孝が共同でシナリオを執筆、山本嘉次郎が監督した“狸”シリーズ第三作目。撮影は「女の中にいる他人」の福沢康道。


配給東宝
制作国日本 (1966)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1966年04月16日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)車田一平
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)玉置千代
伴淳三郎鬼嫁正男
団令子宇留木明美
伏谷治樹宇留木健次
藤木悠宇留木虎造
浦山珠実グラマーの女
近藤征矢お針子花枝
那須ますみお針子富子
塩沢ときバー・マダム
越後憲三松川巡査
向井淳一郎指令係
有島一郎清水警部
大川平八郎 (Heihachiro Okawa)幸福荘管理人
宮田芳子意地悪の看護婦
佐田豊宝石鑑定人黒沼
鈴木治夫洋裁店の巡査
石田茂樹交通課長
渚健二富山
中真千子銀座のホステス
小川安三銀座の客
沢村いき雄小公園の老巡査
大村千吉うなぎ屋の出前持ち
高橋紀子鬼塚の娘
草川直也マンションの管理人
生方壮児マンションの守衛
加藤春哉マンションの男
丘照美マンションの女
伊藤久哉小倉警部補
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)留置場看守
田島義文外国第五課長田島
黒部進鹿島
当銀長太郎小堀
桐野洋雄宮田
中山豊塚本
大畑みき看護婦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック