逢いたくて逢いたくて

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

白川道子は親友のエリ子と共にW大学に入学し、“イタリア文化研究所”に入った。部は全員で六名という小さなものだったが、道子たちの好きなカンツォーネをやっていた。ところが、万年学生の小橋が授業料に窮して楽器を質入れしていて、部の運営が行きづまっていた。そこで道子は“園まりそっくりショー”に出て賞金を稼ごうとした。道子は園まりにそっくりだったから、見事当選して二万円をせしめた。だがそれも小橋の授業料のため半分消えてしまった。それで今度は、道子たちみんなでアルバイトをすることになった。そんなある日、道子の前に五人組が現われ、園まりのマネージャー谷井のところに連れていった。谷井は、二十万円のお礼をするから園まりの代役をやってくれと道子に願んだ。園まりは喉の病気で声が出なくなったのだ。道子は喜んで、一週間の約束で承知し、さっそく園まりとして活躍を始めた。そして部の方には新しい楽器を贈ってあげた。だがカメラマン梶貫太郎は園まりの挙動に不審を抱いていた。いつもの園まりとどこか違っているのだ。梶は道子につきまとって真相をさぐった。ある日、園まりが苦手な英語を流暢に話したことから、梶は園まりの正体を見破った。だが何故かそれを暴露する気にはなれなかった。そんな梶に道子は恋するようになった。しかし梶にはすでに婚約者恵子がいた。道子は潔ぎよく自分の片想をあきらめ、深夜のしストランで全てを打ち明けた。梶は、平凡な女の子としての幸福をつかんで欲しいと道子に言うのだった。やがて約束の一週間が過ぎ、道子は平凡な女の子にかえって大学へと戻っていった。


解説

「大空に乾杯」と同じく白坂依志夫と中野顕彰が共同でシナリオを執筆、「マカオの竜」の江崎実生が監督した青春もの。撮影はコンビの横山実。


配給日活
制作国日本 (1966)
ジャンル 

1966年06月01日より



スタッフ

監督
脚本
原案
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
園まり白川道子
渡哲也 (Tetsuya Watari)梶貫太郎
松原智恵子 (Matsubara Chieko)田波恵子
園まり園まり
伊東ゆかり伊東ゆかり
中尾ミエ中尾ミエ
和田浩治竹中
木下雅弘山本
杉山元島内
梶芽衣子 (Kaji Meiko)エリ子
小沢昭一 (Shoichi Ozawa)小橋作造
高橋昌也 (Masaya Takahashi)谷井
加藤茶加藤
いかりや長介いかりや
高木ブーデブ
荒井注荒井
仲本工事仲本
伊藤寿章渡辺部長
深山ゆり宮原
糸賀靖雄社研の学生
桂小かん自動車部の学生
加藤ヒロ美詩吟の女子学生
ブルーエースリーダーの学生
ブルーエースドラムの学生
近江大介ローマ屋
千代田弘大学経理課員
新井麗子君江
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)ネジリ鉢巻の男
中根実記者・A
野村隆記者・B
久遠利三記者・C
岩手征四郎鑑識課員
青木富夫 (Tomio Aoki)刑事
柳瀬志郎アナウンサー
八代康二船内の司会者
英原穣二支配人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック