地獄の野良犬

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

とても人間の住めるところではない。海っぺりの埋めたて地は、満潮になるとあたりは一面に水びたしとなり、ドブくさい臭気が漂った。このスラム街の診療所に、大学病院をやめた古沢清が赴任してきた。街の住人達は、やくざの塚田組に牛耳られて、きわめて安い労賃で働かされ、保育所の矢島昌子の努力も焼け石に水で、彼等は全く無気力な状態だった。子供達は学校にもいかず、なかでもガキ大将岡村滋は古沢に反抗してナイフを投げつけたりするのだった。こんな有様に、病気以前の問題だと考えた古沢は、塚田組に脅かされながらも大人には定職を与えることを、子供には野球を通して子供らしい夢を持たせようと奔走した。古沢の計画がしだいに軌道に乗りかけてきたある日、滋の兄貴でやくざの岡村健が刑務所から帰ってきた。粗暴な健の帰還に古沢の努力も、もとのもくあみかと思われたが昌子の真剣な愛情に、健はやくざから足を洗うことを誓った。一方、古沢の尽力で街の住人たちは、荷役作業員として朝日海運が雇うことになった。健も昌子の手づくりの弁当を持って、苦笑しながらも毎朝きちんと会社に通うのだった。しかし人足を朝日海運にとられた塚田組は、それを黙って見てはいなかった。温和しくなった健に、なにかと因縁をつけ喧嘩をふっかけようとするが、健は皆んなのためと懸命にこらえた。しかしあまりに執っこいいやがらせに耐えかねた健は、塚田組のチンピラを殴りとばしてしまった。それがきっかけで街の人たちは、会社をクビになってしまった。いまや、これが街の住人を自分の配下におこうとする塚田組の狡猾な罠だとわかった健の怒りは、一時に爆発した。単身で塚田組に乗りこんだ健は、社長と幹部を刺殺した。健の犠牲によって明るさをとり戻した街、戯れる子供を見て涙ぐむ昌子を、古沢は優しくなぐさめるのだった。


解説

「地獄の波止場(1965)」の瀬川昌治がシナリオを執筆、「可愛いあの娘」の鷹森立一が監督したアクションもの。撮影は「愛欲」の西川庄衛。


配給東映
制作国日本 (1966)
ジャンル 

1966年06月04日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)岡村健
杉浦直樹 (Naoki Sugiura)古沢清
城野ゆき矢島昌子
田中春男矢島大造
田崎潤 (Jun Tazaki)塚田寅吉
内田良平中島棟吉
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)万ガラの鉄
北川恵一モンキーの秀
亀山達也エレキの六郎
三重街恒二けむりの又一
久地明良助
弓恵子みどり
五月女マリ西原三枝
古谷徹岡村滋
中村是好中山
山本緑妻やす
杉義一井上
原信夫三島
河野秋武谷村医師
河合絃司松村専務
岡部正純基準署係員
大東良飲み屋の親爺
須賀良運動具屋の小僧
山田甲一倉庫番の爺さん
相馬剛三警察署長
小塚十紀雄校長
大前均救急車の係員
水原茂特演
張本勲特演
尾崎行雄特演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック