狸の休日

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

松本敬二は頭の切れることでは天下一品だが、ちょっとした小悪党で、今日も彼に惚れている相棒の南田マチ子と靖国神社で網を張ってカモ待ちである。マチ子がお色気攻勢にでてカモがついその気になった瞬間、敬二が「オレはケイジだ」と凄む新手の美人局である。引っかかったのが田舎刑事の柳一平、ところが二人の悪党を狙う刑事が現われせっかくのチャンスもフイとなってしまった。翌日また靖国神社で刑事に見つかった二人組は駐車中の観光バスに逃げ込み、あげくのはて泥棒精神を発揮して車ごとそっくり頂いてしまった。甘い汁を吸った二人は今度は東北行きの観光バスに乗った。その中で中年男北野大造と姪のタケ子の二人連れと知り合ったが、彼等も敬二、マチ子と同様の美人局の常習犯で、お互いに凄みあう一幕もあった。さて一文なしの敬二とマチ子は何とかカモを見つけないと遠出した甲斐がないとばかり、旅館につくや、部屋から部屋へと獲物を探し始めた。ところが大造とハチあわせ、あわてた二人はついに発見され逃げ出したが、どこでどう間違ったか、敬二はタケ子と、マチ子は大造と逃避行にはいった。やっとの思いでマチ子の居所を探し当てた敬二は、彼女が大造と無銭飲食で警察につき出されているのに出会った。イチかバチか敬二は刑事になりすまして田舎警察へのりこみ、引き渡しを要求したが、帰ってきた柳一平主任刑事とバッタリ、結局は敬二に弱味のある一平が二人を釈放する羽目となった。警察を出ると、敬二とマチ子は山形名物花笠踊りの観光客を狙って旅館へ泊った。だがまたそこに番頭と女中になりすました大造とタケ子がいるのだった。ある晩タケ子の係の部屋の客が殺され、タケ子がその男から預った貴重品袋から一万円札の銅板が出てきた。さあ四人はあわてた。一平に追われ、一万円札偽造団一味に狙われる始末。造いつ追われつのシーソー・ゲームがはじまった。


解説

新鋭米谷純一と「狸の王様」の脚本・監督の山本嘉次郎が脚本を執筆、山本嘉次郎が監督した“狸シリーズ”第四作目。撮影は「風来忍法帖 八方破れ」の飯村正。


配給東宝
制作国日本 (1966)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1966年10月22日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
整音
照明
編集
衣裳
製作担当者
助監督
記録
スチル
殺陣
合成

キャスト

俳優名役名
高島忠夫 (Tadao Takashima)松本敬二
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)南田マチ子
有島一郎北野大造
高橋紀子中西タケ子
伴淳三郎柳一平
谷幹一渡辺刑事
平凡太郎パトロールの巡査
玉川良一歯科の先生
那須ますみバスガイド
藤木悠中川
宮田芳子温泉マークの女中
沢村いき雄白雲閣の夜番
加藤春哉白雲閣酔払い
大村千吉競輪場の客
豊浦美子競輪場のアナウンサー
中山豊道路工夫
浦山珠実女工風の女A
近藤征矢女工風の女B
堺左千夫警察の係長
鈴木治夫巡査
佐田豊屋台屋の親爺
当銀長太郎高沢
草川直也旅館の番頭
桐野洋雄小林の幹分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック