怪竜大決戦

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

家老結城大乗の謀によって殺された近江の城主、尾形左馬亮の若君雷丸は、飛騨の国に逃げた。そこで雷丸は仙人、がま道人から忍術を仕込まれ青年になったが、がま道人は昔の悪弟子、大蛇丸に殺害された。その大蛇丸が父をも殺したことを知り、雷丸は自雷也と名乗り仇討ちのため近江に旅発った。途中、幼い時に別れた父を探し近江に向う綱手という少女に出会った。少女綱手も、父を探して自雷也の後を追った。大蛇丸から自雷也のことを聞いた結城大乗は、忍者を配し警戒網を張った。自雷也は百姓、善兵衛の娘お咲の婿に化け市中潜入に成功したが、大蛇丸は善兵衛を殺した上にお咲までさらって逃げた。一方綱手も一度は、大蛇丸の配下の忍者に襲われるが、、やはり忍者の一人の百々兵衛に救われ、無事に近江に入った。時あたかも、尾形家再興に現われた自雷也の噂でもちきりで、この混乱に乗じ大蛇丸は大乗を失脚させ、さらに自雷丸を倒し城主におさまろうという腹だった。百々兵衛のおかげで自雷也に再会できた綱手も、その百々兵衛から大蛇丸こそ探していた父だと聞かされ、連れていかれた。綱手は父大蛇丸より自雷也毒殺を命じられた。綱手から薬を飲まされた自雷也は大蛇丸の思うツボ、昏々と眠り続けた。すでに自雷也が死んだものと早合点した大乗が、酒宴を催している只中に躍り出た自雷也は、一気に大乗を倒し、さらにその裏切りを怒った大蛇丸は百々兵衛を殺し、それから自雷也の“がまの妖術”と大蛇丸の“昇竜の術”の決戦となったが、この大格闘に城は破壊された。自雷也があわや!と思われた時、綱手が蜘蛛婆からもらったかんざしを大蛇丸に投げつけると、大蜘蛛が現われ、すさまじい落雷とともに、すべての妖術が解け、自雷也は大蛇丸を一刀のもとに斬り倒してしまった。無事仇討ちを果たした自雷也と綱手は大鷲に乗り、お咲姉弟と別れて元気に飛騨の国へと飛立った。


解説

「大忍術映画 ワタリ」の伊上勝がシナリオを執筆し、「主水之介三番勝負」の山内鉄也が監督した忍術特撮もの。撮影は「続・兄弟仁義」のわし尾元也。


配給東映
制作国日本 (1966)
ジャンル 

1966年12月21日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)自雷也
小川知子綱手
大友柳太朗大蛇丸
天津敏結城大乗
金子信雄 (Nobuo Kaneko)蟇道人
原泉蜘蛛婆
原健策善兵衛
鈴村由美お咲
岩村隆男小四郎太
千葉敏男百々兵衛
宍戸大全一貫斎
楠本健二地平
木谷邦臣道念
小田部通麿法内
岩尾正隆鬼堂
大矢正利忍者(1)
福本清三 (Seizo Fukumoto)忍者(2)
林真一郎尾形左馬亮
岡田千代暮葉
汐路章 (Akira Shioji)無門兵衛
河村満和武者甲
近松克樹武者乙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック