河内遊侠伝

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和初期の河内。料亭蔦屋の看板娘玉枝に惚れた駒吉は、三年の板前修業を積んで故郷に帰ってきた。駒吉は、弟分の藤次郎がすっかり兄貴風を吹かしているのに腹を立て、派手に殴りあったが、藤次郎の気っぷの良さに、快いものを感じるのだった。駒吉の父豊作は車夫だが、息子が跡を継ぐ気がないのに怒り、何かと口論したが、娘美世はいつもそんな兄と父の間に仲裁に入った。駒吉はその美世と藤次郎が想いあった仲なのを知って、表向き藤次郎をけなしながらも、反対はしなかった。ある日、軍に取入って私腹を肥やしている浜村が、松崎大尉に玉枝を世話しようと蔦屋に話を持ちかけてきた。玉枝の母たきは承諾したが、玉枝自身はきっぱりその話を断った。怒った浜村は、こんどは玉枝の弟俊一の借金をかたに、蔦屋を乗っ取ろうと乗り込んできた。浜村のしつこさに、駒吉と玉枝は駆け落ちしたものの、そんな家が心配で戻ってきた。秋祭りの日、恒例の人力車の競走があった。玉枝は豊作が勝てば蔦屋を返して貰い、負けたら身体を与えようと浜村と賭けたのである。卑劣な浜村は、豊作を襲って重傷を負わせ、是が非でも勝負に勝とうとした。駒吉は傷ついた豊作と玉枝のために、自ら父の代りに競技に出ようと決心した。相手は韋駄天の富である。父譲りの駒吉の足は速く、富を抜いたが、浜村は配下の者にそんな駒吉を待伏せさせた。その場から駒吉を救って優勝させたのは、今は義兄弟となった藤次郎だった。しかし豊作は、浜村たちから受けた傷がもとで死んだ。父を殺されて怒った駒吉は、藤次郎と共に浜村一派に殴り込みをかけ、次々と相手を倒していった。


解説

「出世子守唄」のコンビの池田雄一がシナリオを執筆し、鷹森立一が監督したアクションもの。撮影は「昭和残侠伝 血染の唐獅子」の星島一郎。


配給東映
制作国日本 (1967)
ジャンル 

1967年12月01日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
千葉真一 (Sonny Chiba)杉本駒吉
伴淳三郎杉本豊作
大原麗子 (Ohara Reiko)杉本美世
緑魔子 (Midori Mako)玉枝
沢村貞子たき
市川好朗俊一
山田吾一蹴爪の藤次郎
天津敏浜村栄蔵
室田日出男浜村捨蔵
遠藤辰雄竹庵和尚
八名信夫 (Nobuo Yana)松崎大尉
沢彰謙前川
津田耕次ツウやん
土山登士幸韋駄天の富
河合絃司今井
谷本小夜子女房
吉野謙二郎子供
植田灯孝仙助
楠トシエ小きん
岡野耕作世話役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック