ザ・スパイダースの大進撃

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

スパイダースの七人組が帰国した。七人はそれぞれ模造宝石のついたタンバリンを得意気に手にかざしていたが、その様子を黒眼鏡の男と美代子が見つめていた。また、空港の混雑の中で、アタッシュケースが取違えられたのを、七人組もマネージャー緒方と妹のゆり子も気づかなかった。最初の事件は、楽屋で順のタンバリンが盗まれた時だが、誰も気にもとめなかった。だが、次々と事件が起った。昭知が暴漢に襲われ、仲間の部屋が荒された時、、七人組は始めて自分たちが何者かに狙われていることを知ったのだった。七人組はどの演奏会場でも美代子の姿を認めたが、ファンと思っただけだった。一方、連絡を受けて捜査に乗り出した警察も、全く手掛りを得ることが出来ず、途方に暮れる有様だった。七人は身の危険を感じてホテルに合宿、やがてこの騒動の中で鹿児島に発った。沈みがちな七人をゆり子が慰めたが、再度、鹿児島でも狙われた七人は、敵の狙いがタンバリンであることを知った。また、楽譜の入っているはずのケースから秘密書類が現われたことから、これも狙われる原因であることを知った。そして、ゆり子をピストルで脅してケースのありかを知ろうとした覆面の男が何者かに殺され、敵が二組であることが分ったのである。東京に戻ったスパイダースは緒方と相談の結果、刑事たちの助けを借りて二組の悪漢たちを誘い出す計画を立てた。誘いに乗った黒眼鏡の男と美代子、そして重要な秘密書類を取り返そうとする峰岸の一味は、パトカーで駆けつけた警官に囲まれた。美代子は車で逃げようとして、コンクリートの壁に衝突して果てた。七人組のタンバリンに本物のダイヤをまぎれ込ませて密輸入しようとしてのことだった。残りの悪漢は間もなく逮捕され、スパイダースの顔にはようやく明るさが戻ってきた。


解説

新人の伊奈洸と、「ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦」の倉本聰が共同でシナリオを執筆し、「喜劇 大風呂敷」の中平康が監督したアクション・コメディ。撮影は「喜劇 東京の田舎っぺ」の北泉成。


配給日活
制作国日本 (1968)
ジャンル 

1968年01月03日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
田辺昭知田辺昭知
堺正章堺正章
井上順井上順
ムッシュかまやつ (Hiroshi "Monsieur" Kamayatsu)かまやつひろし
加藤充加藤充
大野克夫大野克夫
井上孝之井上孝之
波多野憲緒方
和泉雅子緒方ゆり子
真理アンヌ矢代美代子
植村謙二郎峰岸
草薙幸二郎サングラスの男
柳瀬志郎ソフトの男
二木草之助税関吏1
田中滋税関吏2
長弘刑事部長
鴨田喜由刑事A
小柴隆刑事B
堺駿二お婆さん
親桜子若い娘
三樹高雄老人
原田正男バンドホーイ
吉田武史男A
田反彦男B
押見史郎ボーイA
村井健二ボーイB
渡辺智子スチュワーデス
東郷秀美サイレンサーの男
矢藤昌宏運転する男A
溝口拳運転する男B
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック