人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和十八年。広島の特殊潜航艇甲標的の基地であるP基地に赴任した、三島少尉は同室の大里中尉が、敗色濃い戦局を打開するため、一人千殺の兵器の構想を持っていることを知った。だが、上層部は魚雷に人間が乗り込んで敵艦に体当りするという大里の構想を、必死の兵器は認められないと却下しつづけていた。一方、三島は甲標的の能力に疑問を持ち大里に協力を申し出た。二人は熱心に構造設計に打ち込み、いつか竪い友情に結ばれていった。昭和十九年、米機動部隊の活躍に、軍令部は今まで却下しつづけてきた大里の人間魚雷の構想を採用することに決定し、〇六兵器と仮称を与えて呉工廠で設計、試作することになった。喜んだ大里、三島は荻野技術大尉らと共に不眠不休の作業をつづけ、兵器としての弱点を改めていった。やがて〇六は完成、第六艦隊参謀栗原中佐らの見守る中で、大里の乗った〇六は航走試験に成功した。〇六は正式に回天と命名され、徳山湾口大津島の基地で猛訓練が開始された。時時表面化する現役士官と、吉岡や潮田らの予備士官との対立も、訓練途中で大里と吉岡が死んだ時に消えていった。十月下旬、回天特別攻撃隊菊水隊が編成され、ウルシー環礁の戦艦隊が目標に選ばれた。出撃数日前、隊員に帰省休暇が出た。三島は大阪の両親に秘かに別れを告げ、潮田も妻孝子と会って無言の別れを告げたのだった。遠方の隊員は、料亭若松の仲居のお朝に甘え、数日を過した。昭和十九年十一月八日朝、三島たち隊員は回天を搭載した潜水艦に乗り込み、故郷に最後の別れを告げて出撃していった……。ウルシー環礁内の敵艦に攻撃を敢行した菊水隊の戦果は、正規空母三、戦艦二を撃沈、わが方の損害は甲三七潜水艦のみ未帰還。と、記録されている。


解説

毎日新聞社編・刊の原作『人間魚雷回天特別攻撃隊員の手記』より、「渡世人」の棚田吾郎が脚色し、「浪花侠客 度胸七人斬り」の小沢茂弘が監督した戦争秘話。撮影は「侠客の掟」の吉田貞次。


配給東映
制作国日本 (1968)
ジャンル 

1968年01月03日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)大里史郎
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)三島節哉
伊丹十三 (Juzo Itami)潮田克己
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)吉岡圭治
山田太郎竹井二飛曹
宮土尚治芦沢二飛曹
藤岡重慶磯崎大尉
小池朝雄 (Asao Koike)荻野大尉
唐沢民賢下河原大尉
五十嵐義弘井関中尉
脇中昭夫小宮中尉
有川正治綿引少尉
志賀勝須坂少尉
島田景一郎名取少尉
中田博久望月少尉
水上保広杉森一飛曹
川谷拓三菱沼
加藤匡志阿部
山下義明神戸
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)江川
波多野博坂本
山城新伍野中
野口泉広沢
遠藤辰雄徳永兵曹
大城泰露木一水
山岡徹也麻生技術大佐
千葉真一 (Sonny Chiba)滝口航海長
天津敏三好中佐
金子信男赤石少佐
待田京介菅沼副官
柳永二郎島田軍令部総長
近衛十四郎第六艦隊司令長官
富司純子 (Sumiko Fuji)堀内菊枝
小川知子吉野イチ
金森あさのシゲ
飯塚真英
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)潮田孝子
志村喬三島専三
荒木道子悦子
三益愛子お朝
江幡高志吉岡健一
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)澄江
村居京之輔譲吉
東龍子浪江
橘ますみ道子
北口千春雪子
三島ゆり子お藤
蓑和田良太呉服屋の主人A
藤山寛美呉服屋の主人B
大木実栗原中佐
池部良片山少佐
徳大寺伸百瀬中佐
大矢正利足達
寺内文夫笹岡
芥川隆行 (Takayuki Akutagawa)ナレーター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック