男の挑戦(1968)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

日本自動車の社長津田の次男弘は、毎日のように会社のスピード・テスト場に来ては、猛スピードで車を走らせていた。ある日、そんな弘を誰もとがめようとしなかったが、テスト・ドライバーの猪木だけが弘の我ままを責めた。怒った弘は猪木にレースを挑んだが、惨めな敗北を喫してしまった。それ以来、弘は猪木を抜くため、本気になってレーサーとしての腕を磨き始めた。弘には出生の秘密があった。今の母三技の子ではなく、津田が昔、女事務員に生ませた子だった。そして、猪木の恋人で美容院をやっている規子は弘の実の姉だったのだ。猪木はそれを知ってはいたが、弘には黙っていた。そんなことは知らない弘は、自分を子供扱いにする父に反発して家を飛び出し、ライバル会社ジャガー自動車の社長令嬢伶子と親しくなった。そんな時、米国製スポーツカーの日本販売権を獲得した日本自動車と、国産スポーツカーを同時期に売り出すことになったジャガー自動車との間に、スピード・テストが行なわれることになった。日本自動車は猪木が、そしてジャガー自動車は自力で試乗資格を手に入れた弘が、それぞれ新車に乗りこむことが決った。猪木は規子の妊娠を知ってテストが終ったら結婚しようと約束して車に乗ったが、義弟になるかもしれない弘と争うことに、気が重かった。その猪木が、最後の一周という時に思わずハンドルさばきが鈍ったのはそのためだったかも知れない。猪木の車は柵に激突、炎上した。一方、弘は勝利に酔ったが、伶子から自分の出生にまつわる真相と、猪木と規子の関係を知らされ、急いで病院に駆けつけた。しかし、猪木が息をひきとったあとだった。我ままな次男坊弘は、その時、はじめて男泣きに泣いた。間もなく、二つの会社に技術提携が成立、弘と伶子は結婚することになった。弘は規子とともに猪木の墓に花を捧げたが、その時猪木の墓前で、生涯をテスト・ドライバーとして生きる、と誓うのだった。


解説

「東京ナイト」の才賀明がシナリオを執筆し、「喜劇 夫婦善哉」の土居通芳が監督した青春もの。撮影はコンビの平瀬静雄。


配給松竹
制作国日本 (1968)
ジャンル 

1968年03月01日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
東野英治郎 (Eijiro Tono)津田義太郎
石坂浩二 (Koji Ishikawa)津田弘
三宅邦子 (Kuniko Miyake)津田三枝
栗塚旭猪木邦夫
佐藤友美園田規子
信欣三西村英吉
沢知美西村玲子
福沢幸雄レーサー
トリオ・スカイラインピットマン
水原弘水野
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック