密告(たれこみ)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

元相良組の組長相良は、八年の刑を終えて出所し、古巣の銀座に姿を現わした。八年前、大場組の依頼で、土地ブローカー塚本を、部下の花村、井沢らと殺したのだが、その直後、何者かに狙撃された上、警察に密告されたのだった。いま、相良は密告者への復讐しか考えていなかった。井沢は堅気の食料品店主になっていたが、相良より先に出所した花村はかつての事件現場で殺されたという。その犯人は大場組の義足の男ということだった。やがて、大場に会って問いつめた相良は、事件の黒幕が木島産業社長木島であり、木島は塚本の土地を奪うために塚本殺しを仕組んだこと、相良たちを狙撃したのは殺し屋三木であることなどが分った。だが、密告者は誰なのかは分らなかった。相良はそんな時に、殺人直後の現場から井沢が姿を消していたのを思い出し、密告者が井沢に他ならないことを知って愕然とした。一方、相良は木島が密輸、汚職などのメモを、塚本に握られていたことも知った。しかも、そのメモは死んだ花村の手に渡っていたという。そんな時に、相良は木島の手で殺されそうになった。それを殺ったのは意外にも井沢だった。井沢は、密告者と怒る相良に、八年前の時は、密告しなければ木島らに殺されていたはずだ、と言った。相良らに塚本を殺させたあと、木島はその相良を殺そうとしたのだった。その夜、相良はかつての女みや子から、花村が預ったというメモを手渡された。それは木島に致命的な打撃を与える材料だった。一方、木島はことの次第を知って井沢の子供を誘拐したが、子供を救いに来た、相良、井沢と激しい拳銃戦を交えた。しかし、相良は脱出し、メモを警察に渡した。木島はそのために自ら命を断った。


解説

「喜劇 初詣列車」の瀬川昌治と、「男なら振りむくな」の永井素夫が共同でシナリオを執筆し、瀬川昌治が監督したやくざもの。撮影は「続・渡世人」の飯村雅彦。


配給東映
制作国日本 (1968)
ジャンル 

1968年05月14日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
安藤昇相良守
木村功井沢五郎
北林早苗井沢ひろ子
梅地徳彦井沢稔
沢たまきみや子
高松英郎 (Hideo Takamatsu)三木鉄次
岡田英次 (Eiji Okada)木島徹
安部徹 (Tooru Abe)大場治三郎
南廣花村敬一
佐竹明夫星山芳彦
八代万智子夫人昌子
沢彰謙塚本英郎
村上不二夫古沢
仙波和之小野
常田富士男元坊
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)チンピラA
須賀良チンピラB
中川久子ストリッパー
関敬六運転手
打越正八船頭
片山滉マスター
佐藤京一山荘の男A
永山一夫山荘の男B
北川恵一山荘の男C
山之内修ダンプの男A
木川哲也ダンプの男B
大塚興一ダンプの男C
三鬼濁ダンプの男D
久地明ダンプの男E
木村修区役所吏員
水城一狼相良組組員A
林田博相良組組員B
植田灯孝大場組組員A
土山登士幸大場組組員B
川田信一大場組組員C
山田甲一木島産業社員A
杉義一木島産業社員B
大竹真理子木島家の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック