博徒列伝

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和の初期。大木戸一家の若松組組長若勇は、三年間の懲役に服するため、大木戸一家二代目の跡目を弟分の川田に譲り、服役後も川田の右腕とたって働いていた。一方、監獄一家の組長金光は、若勇の縄張を狙い、あくどいいやがらせを度重ねた。業を煮した若勇は、監獄一家に喧嘩状を叩きつけたが、関東きっての顔役、浅草の甲田が仲裁を買ってでた。若勇は、甲田の申入れを断ったものの、川田は甲田の甘言にのり、兄弟分の盃を交わすという条件で若勇のしきる芝浦埠頭の実権を金光に譲ってしまった。それからの工事現場は、若勇の案じた通りだった。人足たちの不平不満はつのり、渡世人あがりの人足小桜は、単身金光にたち向った。小桜が、兄貴分の治療費を捻出するため、女房を売り、その身受金を稼ぐため、人足をしていると知った若勇は、賭場で稼ぎ小桜を助けるのだった。これには、三次や芸者勝弥の隠れた協力があった。その勝弥が、富士家一家の子分に因縁をつけられた。同道していた若勇は、勝弥を助けたものの、相手を傷つけ留置されてしまった。やがて、富士上親分と和解した若勇を金光たちが隅討した。子分を殺された若勇は、弔合戦を川田に相談したが、甲田との摩擦をきらう川田は聞き入れず、逆に若勇を破門する始末だった。新年。親分衆の初寄合で、甲田と川田は兄弟分の盃を交わした。だが、当初より大木戸一家の縄張を狙う甲田は、金光に命じ川田を闇討し、さらに若勇の命をも狙った。その危難を小桜に救われた若勇は、川田の許へ駆けつけた。川田は、苦しい息の下から若勇に自分の非をわび世を去っていった。富士上の助勢を得た若勇が、甲田、金光に怨念を晴したのは、それから間もなくのことだった。


解説

「横紙破りの前科者」の笠原和夫が脚本を執筆し、同作品でコンビを組んだ小沢茂弘がメガホンをとったアクションもの。撮影は「大奥絵巻」の鈴木重平。


配給東映
制作国日本 (1968)
ジャンル 

1968年12月28日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)若松勇次部
大木実川田修
北林早苗川田のぶ子
富司純子 (Sumiko Fuji)勝弥
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)足立三次
高倉健 (Ken Takakura)富士上健吉
北島三郎小桜孝平
橘ますみおくみ
天津敏金光常吉
名和宏金光次郎
北村英三念仏兼
八名信夫 (Nobuo Yana)出刃寅
汐路章 (Akira Shioji)お化けの市
江幡高志キズ平
国一太郎キスグレの銀次
河津清三郎甲田辰五郎
遠山金次郎染井
待田京介上州輝
丘路千万力徳
玉川良一伊太八
有川正治秀男
唐沢民賢
志摩靖彦浅井信蔵
大浦和子浅井香代
野口泉秋山
中村錦司安川
鈴木金哉ガン鉄
人見きよし権三
菅原文太 (Bunta Sugawara)政吉
高並功コブ七
平参平清蔵
東龍子お民
山田桂子お関
山岡徹也明石屋京平
村居京之輔石倉利三郎
浪花五郎美濃部新吉
平沢彰人夫
小田部通麿警察署長
大木晤郎信吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック