戦後最大の賭場

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和三十七年。群雄割拠の任侠団体が大同団結して「大日本同志会」を結成することになった。折りも折り、関西地区代表の神戸流山組会長が脳溢血で急死した。葬儀は、組の二代目を継いだ本庄を喪主に、葬儀委員長には関西丸和会会長の岩佐が当って盛大をきわめた。だが、流山組会長の死は、勢力拡大を狙う岩佐にとって願ってもない好機だった。間もなく、関西地区の親分衆が集って理事選出が行なわれた。だが、票は本庄と岩佐と真二つに割れ、騒然たるうちに流会となった。関西丸和会五木組組長五木は、日頃から陰険な野望を持つ親分岩佐の行動を心よしとしなかった。そんなある日、五木は義兄弟の本庄から由起との結婚話を聞き、弟で流山組幹部の常男とともに喜んだ。しかし、それも束の間、本庄は丸和会の吉岡組に襲われ、常男は肩に重傷を負った。五木は小指をつめて本庄に詫び、事態の紛糾に心を痛める本庄は理事の選挙を岩佐に申し出た。一方、岩佐は五木に本庄が理事選から下りるよう命令した。本庄は五木の立場に同情し、身を引こうとしたが、常男は単身悪徳岩佐にたちむかい無残な最後をとげた。この一件に責任を感じた本庄は五木に義兄弟の盃を返し理事選に出馬、「大日本同志会」の代表になった。しかし、岩佐は関東菊東会会長菊村に金品を贈り理事交代工作をはかっていた。菊村は、同志会を国家のための政治団体と標傍しながら、万国博や山陽新幹線の利権を独占しようと策していた。総てのからくりを知った本庄は、菊村と対立したが護衛の銃弾に倒れてしまった。本庄の死を悲しむ五木は、関西博徒を裏切って後任理事になった岩佐に盃を返し、悪徳やくざ一味に斬りこんでいった。


解説

「現代やくざ 与太者の掟」の村尾昭がシナリオを執筆し「待っていた極道」の山下耕作が監督した任侠もの。撮影は「極悪坊主 人斬り数え唄」の山岸長樹が担当。


配給東映
制作国日本 (1969)
ジャンル 

1969年04月19日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)五木正治
小山明子 (Koyama Akiko)五木正苗
山本麟一五木常男
藤田佳子石田美奈子
八代万智子今村由起
安部徹 (Tooru Abe)岩佐国利
金子信雄 (Nobuo Kaneko)菊地儀一
清水元大野木辰雄
名和宏吉岡勝
小田部通麿清川源吉
国一太郎坂部精一
横山アウト山根雄三
佐々木俊二梶信夫
八尋洋今井昇
江上正伍岡本浩
前川良三飯沼敏春
山下義明室田貞市
中村錦司結城信之
宮城幸生北川力松
疋田圀男浜岡太郎
玉川良一白鳥朝夫
野口泉青木義雄
五十嵐義弘竹田剛
林彰太郎増島伸正
平沢彰三宅真一
香月涼二堀田達男
高並功小川三郎
川谷拓三杉山輝明
志摩靖彦篠塚仁助
熊谷武藤井清太郎
関根永二郎宮内梅吉
沼田曜一島野久七
山岡徹也田代巳代吉
浪花五郎松谷宗太郎
沢彰謙春日井徳行
森島欣作西口春男
楠本健二川村徹
永田光男稲葉英三郎
遠山金次郎小松義光
島田秀雄大町竜平
市川祐三花井源太郎
那須伸太朗桜木秀之助
矢奈木邦二郎石黒重勝
上方柳次サラリーマンA
上方柳太サラリーマンB
唐沢民賢秋山警部
毛利精二河井警部補
高倉健 (Ken Takakura)本庄周三
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック