朝霧(1953)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

家元杵屋栄作について母民子と共に長唄の師匠をする山路朝代は、弟子の篠井京子の兄で昭和パルプに勤める吾郎と愛し合っていた。それだけに栄作の奨める縁談の相手東京商事専務宇佐美誠一には好意を示さなかった。朝代の学友恵子は娘のタマエと叔父田辺孝作夫婦の家に寄寓し、夫南条英吉の帰還を待ちわびていた。しかし昭和パルプに勤める彼女は、社長峰岸浩輔の息宏の寄せる愛情に、何時しか好意を感じていた。昭和パルプと取引のある宇佐美は吾郎の代理河田を抱き込んで不正を働いたので、吾郎はその責任で転勤され、これを追った朝代は病気で途中倒れた。朝代の吾郎に対する強い愛情を知った民子は、今は宇佐美との話を断りに栄作の家を訪れたが、栄作の激昂によるショックで急死する。一人になった朝代の許を訪れた宇佐美は暴力で彼女を犯した。宏は父の反対を押し切って恵子と結婚するが、直後英吉が帰還した為、恵子は自殺をほかる。重体の恵子の枕頭で英吉を慕うタマエの姿を見た宏は潔く身を引く決心をした。河田から宇佐美の不正を聞いた吾郎は、宇佐美を詰問し、打ちひしがれた朝代を抱いた。その頃、横浜港を出帆するアメリカ航路の汽船の上に、感慨深げな宏の姿が見えた。


解説

『主婦之友』所載富田常雄原作の同名小説の映画化で、「雪間草」の中山隆三、佐々木啓祐が脚色、監督を担当している。撮影は「きんぴら先生とお嬢さん」の森田俊保、音楽は「血闘 利根の夕霧」の万城目正。キャストは「若君逆襲す」の宮城千賀子、「花の生涯」の幾野道子、三橋達也、若杉英二、「乙女のめざめ」の藤乃高子「家族あわせ」の市川春代、北龍二などである。


配給松竹
制作国日本 (1953)
ジャンル 

1953年12月15日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
宮城千賀子 (Chikako Miyagi)山路朝代
市川春代母民子
三橋達也篠井吾郎
紅沢葉子母すが
藤乃高子妹京子
徳大寺伸南條英吉
幾野道子妻恵子
五十嵐洋子娘タマエ
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)杵屋栄作
若杉英二峰岸宏
北竜二 (Ryuji Kita)父浩輔
須賀不二男宇佐美誠一
清水一郎河田
坂本武田辺孝作
吉川満子妻弓
河村百合子朝代の家の女中
川村禾門バスの客
奈良真養医者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック