螢の光(1955)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

縫箔師の娘朝倉玲子は、卒業を前に父母に死別れ、異母妹の為に学校を退いて、自ら縫箔師として古い京屋の暖簾を支えねばならなかった。百貨店の春の百選会に出品した縫箔が、装飾デザイナー宮本の好意で目抜きの場所に展示され好評を博してからは、注文も多くなり、玲子は妹京子だけは立派に学校を卒業させようと健気に仕事に励んだ。一日玲子は友達の澄江とみどりに誘われ、日光へ一泊旅行に出掛けた。見物中、玲子の実母たま子は美しく育った玲子を見つけ名乗り出るが、顔も知らぬ玲子は激しいショックを受け、夜道を走り出した時、来合せた宮本の乗った自動車にはねられてしまった。傷は癒えたが、右手の自由を奪われた玲子は縫箔の仕事が出来なくなった。宮本は美術デザインのオフィスを持って独立し、玲子を迎えようと決心するが、母は父同志が約束した澄江との結婚を強要するのだった。親友の澄江と宮本が許嫁である事を知った玲子は、傷心を抱いて大阪へ旅立った。つてを求めてファッション・モデルとなり、妹に学資を送る玲子に、宮本は益々強い愛情を感じ、京子の無事卒業する日まで黙って待とうと心に誓った。卒業式の日、大阪から駈けつけた玲子は京子と連れ立って登校した。自分の歌えなかった「螢の光」を、京子と共に唄いながら、玲子の顔は晴れ晴れと輝いた。校庭には一人玲子を待っている宮本の姿があった。


解説

『平凡』連載の川口松太郎の原作を「新しき天」の笠原良三が脚色、「緑の仲間」の森一生が監督する大映カラー・総天然色映画。撮影は「火の女」の長井信一、音楽は「若い人たち」の伊福部昭。出演者は「勝敗」の若尾文子、菅原謙二、「真白き富士の嶺(1954)」の市川和子、「荒城の月(1954)」の船越英二ほか、東山千栄子、滝花久子、三宅邦子、矢島ひろ子、八潮悠子などである。


配給大映
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年01月15日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
色彩技術
色彩指導

キャスト

俳優名役名
若尾文子 (Wakao Ayako)朝倉玲子
市川和子妹京子
滝花久子母菊枝
菅原謙二宮本俊彦
東山千栄子母雪子
矢島ひろ子吉川澄江
八潮悠子木下みどり
三宅邦子 (Kuniko Miyake)大橋たま子
丸山修たま子の夫
潮万太郎惣一
船越英二小林
楠よし子妻悦子
直木明安岡
青島純子田中
千葉昌子山口
穂高のり子中島
花村泰子女事務員
酒井清子看護婦
藍三千子隣家の女中
湊秀一野球湯の売子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック