この子この母

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和十四年、夫を戦場に送り、国民学校へ通う圭一、二郎の二子を抱えた雨宮あやは料亭の女中として働いていた。夫戦死の公報をうけたあやは、兄勇作を頼って帰郷したが、連絡船で、幼な友達尾形誠に遇った。あやは有力者吉野仙造の家に女中となって住み込んだが、仙造の好奇の手があやに伸ばされ、二郎が仙造の息子寛と喧嘩する事などから、再び東京へ出た。十数年後、圭一は医科を出、インターンとして病院へ行き、二郎は郵船の社員となっていた。母子三人と同じアパートに住む松本静江は圭一に愛情を寄せていたが、圭一は病院長八代博士の令嬢由美の夫の候補にあげられていた。アパートの権利金の問題が起った時、二郎は遠洋航海の貨物船に乗って金を作ったが、あやは令息の家庭教師傍々勉強の為に八代邸へ住み込む圭一に研究費として金を与え、ビルの掃除婦として住み込んで働らいた。圭一に出会った静江は、あやに圭一の冷い態度のことを話した。あやは八代邸へ圭一を訪ねたが、希望に満ちた圭一の態度に戒めの言葉も出ず、帰りに自動車にはねられてしまった。二郎は乗込んだ船が密輸をしていると知り、東京港へつくと直ぐに当局へ通報しアパートへ帰ったが、静江に事情を聞くと圭一を母の許ヘ連れて来て、激しく責めた。圭一が非を悟った時、船長等が拳銃を手に二郎を襲った。あやは夢中で落ちていた拳銃を拾うと船長を射った。殺人犯としてあやは法廷に立ったが弁護士尾形誠は彼女は美しい母性愛に生きた女性だと涙の中に弁護した。


解説

「チャッカリ夫人」の長瀬喜伴のオリジナル・シナリオを「若旦那と踊子」の萩山輝男が監督し、撮影は「三つの愛」の井上晴二が当る。出演者は「荒城の月(1954)」の市川春代、「チャッカリ夫人」の若原雅夫、「えくぼ人生」の紙京子、「若き日は悲し」の菅佐原英一、永井達郎のほか、七浦弘子、日守新一、北竜二など。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1954年12月01日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
市川春代雨宮あや
永井達郎雨宮圭一
村瀬禅雨宮圭一(子供時代)
菅佐原英一雨宮二郎
中村俊介 (Shunsuke Nakamura)雨宮二郎(子供時代)
高木信夫亡夫健一郎
若原雅夫尾形誠
日守新一勇作
本橋和子まさ
北竜二 (Ryuji Kita)吉野仙造
槙芙佐子吉野敏子
高山武男吉野寛
奈良真養八代博士
七浦弘子八代由美
炭谷恒夫八代正夫
紙京子松本静江
小林十九二父春吉
水木凉子料亭女将
大塚君代下宿の小母さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック